1,800円以上の注文で送料無料

推し、燃ゆ の商品レビュー

3.3

1886件のお客様レビュー

  1. 5つ

    216

  2. 4つ

    551

  3. 3つ

    684

  4. 2つ

    245

  5. 1つ

    68

レビューを投稿

2024/06/12

10代のような瑞々しい表現をいくつも感じた。実際に主人公は10代だけど…。それを理解できる、だが共感はできない、が集まっていた。

Posted byブクログ

2024/06/12

最初は比喩が多く、読みづらさを感じたが、文章の読みづらさがそのまま主人公の重たさに繋がっていると思った。 一人称視点だからこそ、人と違って上手く生活出来ない主人公の苦悩を知ることが出来てよかった。

Posted byブクログ

2024/06/09
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

現実がうまくいかないから、推しに傾倒するのか? 推しに傾倒しすぎて、現実がおろそかになっているのか?推しのプライベートなどに気持ちが振り回されるのは、わかる気がした。 漢字が苦手で勉強ができない描写だけど、「あたし」の一人称で語られる私語りの文章は知的で芥川賞レベルにうまいぞ。なんていうのは的はずれかもしれないけど、ブログの文章もうまいぞ。

Posted byブクログ

2024/06/08

-推しがいなくなったらあたしは本当に、生きていけなくなる。 拝啓 狂おしいほどに推している推しが居て身を削って生きてる皆様。 今すぐ読んでください。共感しかないです。 絶賛燃えてるN市の市民より。

Posted byブクログ

2024/06/08

読みやすい。 推しがいて、推しのために普段の生活や仕事を頑張れる。人生が豊かになる。一方、その推しがいなくなるとき、どうなってしまうのか。

Posted byブクログ

2024/06/07

『推し、燃ゆ』 2024年5月31日読了 自分の「推し」が炎上した。 物語はそこからスタートする。 主人公のあかりにとって「推し」は世界の中心だった。 自分の「背骨」であり、生きる手立てであり、業だった。 そんな彼女が炎上をきっかけに、ゆるやかに崩れていく。 彼女の感情が見...

『推し、燃ゆ』 2024年5月31日読了 自分の「推し」が炎上した。 物語はそこからスタートする。 主人公のあかりにとって「推し」は世界の中心だった。 自分の「背骨」であり、生きる手立てであり、業だった。 そんな彼女が炎上をきっかけに、ゆるやかに崩れていく。 彼女の感情が見えないから、物語はごく淡々と進んでいく。 周りの状況や自分の身体だけが強く反応して、自分の感情が追い付けていないとでもいうように。 だからこそ、最後のシーンが鮮やかに心に刻まれた。 あかりが自分の感情を託すように、綿棒をぶちまけるシーンだ。 自分が身を削って集めた大量のファイルや、写真や、CD以上に、一枚のシャツや靴下がその存在を色濃く感じさせる。わかりきっていたことではあるが、自分が推していたことすべてが虚構だったと、強く示されてしまったわけだ。 このシーンは今の自分との決別だと思う。 遺骨のようにばらばらになってしまったものを、再度拾い集める行為。 自分の業に自分で決着をつけているのだと思った。 「推しのいない人生は余生だった」と語る彼女には、余生を強く生きてもらいたい。

Posted byブクログ

2024/06/02

若者言葉が沢山出てきて、「推し」がいる人には刺さる小説だと思います。そしてある意味、「若者」にしか理解出来ないと自分は思います。 読み終わって、推しに対する愛がさらに深まりました!!

Posted byブクログ

2024/06/02

なんだろ、なんて表現したらいいのやら。読んでる感覚としては『むらさきのスカートの女』『コンビニ人間』みたいな感じでした。 推しがいるから頑張れる!!推しのために愛もお金も注ぐ!!視点で描かれているけど、なんか違和感というか1人の子の人間性が表現されている感じ?でした。

Posted byブクログ

2024/06/01

詰んでるドルヲタの話です 2.3時間でサクッと読めました おそらく発達障害の傾向があるでろうパーソナリティをしています 執着の対象にアイドルが選ばれているだけで、推し活のどうこうが主題ではない気がしました 主人公の社会についてない感じが丁寧に書かれていました 冗長な演出に見えま...

詰んでるドルヲタの話です 2.3時間でサクッと読めました おそらく発達障害の傾向があるでろうパーソナリティをしています 執着の対象にアイドルが選ばれているだけで、推し活のどうこうが主題ではない気がしました 主人公の社会についてない感じが丁寧に書かれていました 冗長な演出に見えますが、文のようにガチで要領が悪くそう見えるのが分かりました 周囲も主人公に対して、悪者に描いていないとかが良かったです 学習支援に付きっきりで見たり、心根が優しい人達なのが分かりました だからこそ失望されていくのがシンドいのが伝わってきました 家族会議シーンがあるあるで良かったです 本題にメスを入れようとも、誰かが感情的になって話の筋を乱していく様が丁寧で、よく分かりました 学習内容が頭に入ってこず、顔色しか覚えていないのもおもしろかったです とりあえずイラつかせないようにと忖度して、それが周囲を逆撫でていき噛み合っていない感じでした 散々な学習状況のくせに、推しアイドルに関してはメンバーの名前も年表もしっかり覚えているのは、家族からしたら許せない怒りを覚えるものだろうなと思いました アイドルの推し活動に関わらず、学生として努めてなければ認められないと思いました 通学圏内に渋谷があるくらい機能的な都市部に住んでいるなら、早く療育に掛かればいいのにと思いました 地方の社会福祉レベルでこれを生きていくのは過酷だろうなと思いました

Posted byブクログ

2024/06/01

ダメなほうの推し活をする女子高生の話。 身近な人の気持ちだって、100%知ることはできないのに、推しが何を思っているか、インタビューを全て拾っていっても、わからないよ…と思いながら読んでた。でも、10代の自分なら、好きな人のことなら、全部わかるって思っちゃうのかもしれない。 途中...

ダメなほうの推し活をする女子高生の話。 身近な人の気持ちだって、100%知ることはできないのに、推しが何を思っているか、インタビューを全て拾っていっても、わからないよ…と思いながら読んでた。でも、10代の自分なら、好きな人のことなら、全部わかるって思っちゃうのかもしれない。 途中から、推しにハマって落ちていく話ではなく、生きづらさの話なのか、と、気づいた。なんかすごく痛々しい。推しにハマってるから、上手くやってけないんでしょ?と周りの大人は判断してしまうのかもしれない。 最後の綿棒のくだりとか、推しのことを理解できないことに気づくあたりとかで、これから立ち直っていくんじゃなかろうかと、思った。でも、やっぱり、推し活は楽しくやりたいなぁ…。

Posted byブクログ