1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 書籍

首里の馬

高山羽根子(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥1,375

¥385 定価より990円(72%)おトク

獲得ポイント3P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/23(火)~4/28(日)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 新潮社
発売年月日 2020/07/30
JAN 9784103533818

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/23(火)~4/28(日)

首里の馬

¥385

商品レビュー

3.4

97件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/11/03

静かな物語。自分だけの小さな世界と小さな人との繋がりとその中での存在意義を見つけられたら穏やかに生きていけるのかもしれない。

Posted by ブクログ

2023/08/09

【途切れた物語】 この物語は沖縄のとある町の描写で始まる。街並み、気候、歴史・・・そのうちの一軒のコンクリート造の建物が「沖縄及島嶼資料館」で、主人公はそこで資料整理の手伝いをしている。のちに資料館は壊され、集められた資料もなくなってしまう。島が台風や戦争で破壊されたかのように。...

【途切れた物語】 この物語は沖縄のとある町の描写で始まる。街並み、気候、歴史・・・そのうちの一軒のコンクリート造の建物が「沖縄及島嶼資料館」で、主人公はそこで資料整理の手伝いをしている。のちに資料館は壊され、集められた資料もなくなってしまう。島が台風や戦争で破壊されたかのように。 彼女はどこかにいる孤立した人にオンラインでクイズを出す「問読み」という仕事もしていて回答者との交流を深めている。「集めた資料を見ることで、自分のまわりにいる人たちや人の作った全部のものが、ずっと先に生きる新しい人たちの足もとのほんのひと欠片になる」かもしれないと主人公はスマホで撮りためた資料館のデータをクイズの回答者3人に送信する。 人間関係や孤独についても全体に流れるテーマのようだが、突如台風の夜に現れた迷子の宮古馬との交流でほっとさせられる。「問読み」という聞いたことのない仕事や沖縄の土地勘もないことでフィクションとノンフィクションの境がわからない、ふわりとしたSF作品だった。(つちふまず/本土に沖縄の米軍基地を引き取る福岡の会)

Posted by ブクログ

2023/03/16

琉球競馬の細かい話など、初めて知ることが多かった。 情報のアーカイブについてや情報・知識に対する社会の視線など、考えさせられる内容。 もっと色んなことを知りたい、と思わせてくれる本だった。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品