1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 書籍
  • 文庫

あきない世傳 金と銀(二) 早瀬篇 ハルキ文庫時代小説文庫

髙田郁(著者)

定価 ¥638

¥220 定価より418円(65%)おトク

獲得ポイント2P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 角川春樹事務所
発売年月日 2016/08/09
JAN 9784758440271

あきない世傳 金と銀(二)

¥220

商品レビュー

4.2

149件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/09

幸にとって身内の不幸が多すぎる。 でも、流石に四代目の不幸は気の毒とは思わなかった。 次から五鈴屋が、大きく生まれ変われることを期待する。

Posted by ブクログ

2024/01/28

第1巻から読み始め、止まらなくなり、気づいたら朝5時過ぎてました。面白いだろうな、とは思っていましたが、期待以上に面白い。 1巻の感想で、幸は運が良い、と書きましたが、この巻でもそれは発揮され、阿呆ぼんと結婚はしましたが、いたされず(今観ているドラマでこういう表現をしていて、面白...

第1巻から読み始め、止まらなくなり、気づいたら朝5時過ぎてました。面白いだろうな、とは思っていましたが、期待以上に面白い。 1巻の感想で、幸は運が良い、と書きましたが、この巻でもそれは発揮され、阿呆ぼんと結婚はしましたが、いたされず(今観ているドラマでこういう表現をしていて、面白いなと思い、使ってみました)ご寮さんとして、店の内情や商売のやり方を教えてもらい、一生鍋の底を磨く生活から自分の才能を生かせる立場になれて、 結局良い方向に向かっている。そして、口うるさく非情だと思っていた次男の惣次の実は優しい人柄にもふれることができて、そんな時にまさかの阿呆ぼんの事故死、 この先どんな運に出会い、そしてどう乗り越えていくのか、本当に楽しみです。 登場人物それぞれをよく描いていて、どの人にも感情移入してしまいます。 女衆の竹さん、梅さん大好きです♡これからもずっと幸を助けてあげてくださいね〜

Posted by ブクログ

2024/01/28

2024.01.27 ★3.8 ↓↓↓内容↓↓↓ 学者の娘として生まれ、今は大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公する主人公・幸。十四歳の幸に、店主徳兵衛の後添いに、との話が持ち上がった。店主は放蕩三昧で、五鈴屋は危機に瀕している。番頭の治兵衛は幸に逃げ道を教える一方で...

2024.01.27 ★3.8 ↓↓↓内容↓↓↓ 学者の娘として生まれ、今は大坂天満の呉服商「五鈴屋」に女衆として奉公する主人公・幸。十四歳の幸に、店主徳兵衛の後添いに、との話が持ち上がった。店主は放蕩三昧で、五鈴屋は危機に瀕している。番頭の治兵衛は幸に逃げ道を教える一方で、「幸は運命に翻弄される弱い女子とは違う。どないな運命でも切り拓いて勝ち進んでいく女子だす」と伝える。果たして、「鍋の底を磨き続ける女衆」として生きるのか、それとも「五鈴屋のご寮さん」となるのか。あきない戦国時代とも呼べる厳しい時代に、幸はどのような道を選ぶのか。話題沸騰のシリーズ第二弾!

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品