1,800円以上の注文で送料無料

ちょっと今から仕事やめてくる の商品レビュー

3.8

696件のお客様レビュー

  1. 5つ

    134

  2. 4つ

    258

  3. 3つ

    198

  4. 2つ

    29

  5. 1つ

    8

レビューを投稿

2015/03/21

サザエさんシンドローム 日曜日の終わり なんてちっぽけな自信だったのか ヤマモト 青山隆 野田さん チョコ 四葉物産 五十嵐先輩 屋上の南京錠 東京のおいしーいケーキ 愛する人を助けられなかった、無念と後悔 俺の人生に口だしできるのは、本気で俺のことを心配してくれる人だけだ。 彼...

サザエさんシンドローム 日曜日の終わり なんてちっぽけな自信だったのか ヤマモト 青山隆 野田さん チョコ 四葉物産 五十嵐先輩 屋上の南京錠 東京のおいしーいケーキ 愛する人を助けられなかった、無念と後悔 俺の人生に口だしできるのは、本気で俺のことを心配してくれる人だけだ。 彼は僕に "思いだし笑い"という小さな幸せを残してくれた。 アンニュイ=倦怠感 臨床心理士

Posted byブクログ

2015/03/30

両親との電話の件では涙を堪えきれなかった。 逃げてもいいんだって。 生きているだけでいいんだって。 伝えられる日は来るのだろうか。 --- ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する隆...

両親との電話の件では涙を堪えきれなかった。 逃げてもいいんだって。 生きているだけでいいんだって。 伝えられる日は来るのだろうか。 --- ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。同級生を自称する隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。なぜ赤の他人をここまで? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で自殺した男のニュースだった--。スカッとできて最後は泣ける、第21回電撃小説大賞〈メディアワークス文学賞〉受賞作。

Posted byブクログ

2015/03/18

ブラック企業に勤める入社6ヶ月の男性が主人公。死にたいと思うほど追い詰められる自分の前に突如現れた同級生と名乗る男・・・ 終わりよければすべてよし!というのが読み終えてまず思ったこと。彼らの行動ではなくこの小説自体がね。途中は主人公にいらいらしたり、主人公にいらいらしている自分...

ブラック企業に勤める入社6ヶ月の男性が主人公。死にたいと思うほど追い詰められる自分の前に突如現れた同級生と名乗る男・・・ 終わりよければすべてよし!というのが読み終えてまず思ったこと。彼らの行動ではなくこの小説自体がね。途中は主人公にいらいらしたり、主人公にいらいらしている自分にいらいらしたり。。。かなりかるーく読めたが読了感はすごくいい。仕事に悩んでいる友人に勧めてみたいが、本当に悩んでいる人に勧めたらキレられそう。。。

Posted byブクログ

2015/03/14
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

ページ数が少ないのと、書き方がくどくなかったからかさくさく読めた。ヤマモトの存在は、個人的にお笑いが好きなのでジャルジャル福徳さんで想像しながら(笑) 落ち込めば落ち込む程、自分が悪くないことも、自分が無能なせいだからと全部自分のせいにしてどうしようもなくなる負のスパイラルは経験があるから、青山には同感するところもあり。ただ仕事にこだわることに親の影もあったのなら、追い詰められた時に親の事を全く考えないっていうことはないんじゃないか?と思った部分も。 でも全体的にはそんなの気にならないくらいスッキリした読了感。ヤマモトが幽霊なのかそうでないのかもはっきりわかってよかったし、主人公とヤマモトがこれで関係終わるんだったら寂しいなあと思っていたから、最後のめぐりあわせは個人的にありがたかった。後味のいい作品。また読もう。

Posted byブクログ

2015/02/28

1日で読み終わりました。 なんだかスッキリしてます。はい。 本当に現在の仕事について考えさせられる 作品だと思います。 ヤマモトくんの正体もわかって 納得しました。

Posted byブクログ

2015/01/30

第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞 【この優しい物語をすべての働く人たちに】  ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。  同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本...

第21回電撃小説大賞<メディアワークス文庫賞>受賞 【この優しい物語をすべての働く人たちに】  ブラック企業にこき使われて心身共に衰弱した隆は、無意識に線路に飛び込もうとしたところを「ヤマモト」と名乗る男に助けられた。  同級生を自称する彼に心を開き、何かと助けてもらう隆だが、本物の同級生は海外滞在中ということがわかる。  なぜ赤の他人をここまで気にかけてくれるのか? 気になった隆は、彼の名前で個人情報をネット検索するが、出てきたのは、三年前に激務で鬱になり自殺した男のニュースだった――  スカっとできて最後は泣ける“すべての働く人たちに贈る、人生応援ストーリー”

Posted byブクログ