• 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

正欲 新潮文庫

朝井リョウ(著者)

定価 ¥935

¥715 定価より220円(23%)おトク

獲得ポイント6P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/3(日)~3/8(金)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 新潮社
発売年月日 2023/05/29
JAN 9784101269337

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/3(日)~3/8(金)

商品レビュー

4.2

930件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/15

※感想を読んでとても衝撃を受けたgangalionさんの投稿を真似しながら書かせていただきました。 >とても参考になりました。ありがとうございます。 「多様性」から展開する「正欲」とは。 多くがマジョリティ、マイノリティで分類されているが、マイノリティにも分類されない欲は...

※感想を読んでとても衝撃を受けたgangalionさんの投稿を真似しながら書かせていただきました。 >とても参考になりました。ありがとうございます。 「多様性」から展開する「正欲」とは。 多くがマジョリティ、マイノリティで分類されているが、マイノリティにも分類されない欲は世間に理解されることはなく、誤解を招いて余計に傷を負う。 「普通」とはそれぞれが持つ常識であり、他者からすればそれは「普通」ではなく非常識であるかもしれない。 人はそれぞれマイノリティの欲や考え方に属する欲はあるが、それは理解されたいものではなく触れないで欲しい。でも、理解し合える仲間が少しでもいるだけで安心して生きる希望を見出せる。 引用 「自分が想像できる"多様性"だけ礼賛して、秩序整えた気になって、そりゃ気持ちいいよな」 「はじめから選択肢奪われる辛さも、選択肢はあるのに選べない辛さも、どっちも別々の辛さだよ」 どちらの意見も肯定できないし、否定できない。人によって多様性の属する範囲は違うなと考えさせられたし、自分の中の多様性に属していない人の辛さを理解してあげようとすること自体難しいことなんだよね。 人と分かり合うことと尊重することは違う。 分り合うことの難しさをこの本で学んだ。自分が理解できない欲や考えは否定はせず、そっとしておくことが好ましいのかな、、。 放心状態になるほど考えさせられる。かなり考え方の異なる人の考え方を同時に覗き見した感覚。読む前と読んだ後で考え方を変える本。

Posted by ブクログ

2024/02/15
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

この本は、常識や正義へのアンチテーゼに思える。マジョリティーの中の、あるいは、自分に見える世界の当たり前だけで、物事を判断し、批評し、共有する。まだ名付けられていない感情や経験については、領域外とでも言うように。 多様性にも受容できる範囲は存在していて、その価値観が法に触れるというなら、あっさりと、何の疑いもなく、さっきまで宣っていた奴らがこぞって否定しだすだろう。 だと言うのなら、同性間の恋愛感情が罪になる時代もあったわけで、その時代の多様性に当てはめれば、LGBTQも法に触れる価値観なわけで、あっという間に淘汰される。 つまり、何が言いたいかと言うと、多様性はいま突然現れた概念ではなく、結局のところ、法の下の平等を目指そうという基本正義に則っているだけで、遥か昔から当たり前に存在した概念である。この先、年齢による恋愛の制限が取り払われたり、狂気的とも思える価値観が受容される時代は来ると思う。 その時、真に多様性を再定義し、語りたいのであれば、過去・現在・未来、この全てを等しく受容する必要がある。 当事者と関係の無い第三者が、勝手に心配して、勝手に寄り添った気になって、誰かのために何かした気になってんじゃねぇよ。正しいことをした気になってるのかもしれないけど、当事者が納得してなきゃ、悪行だぞ。

Posted by ブクログ

2024/02/14

自分には想像もできない人間の気持ちを考えると「多様性」ってなんて薄っぺらな言葉なんだろう 多様性を理解しようとしていた自分がおこがましく醜く感じる と反省する文章を書くことすら正しくいようとしている感じがして自分が気持ち悪い

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品