• 中古
  • 店舗受取可
  • コミック
  • 集英社

鬼滅の刃(20) ジャンプC

吾峠呼世晴(著者)

定価 ¥484

¥100 定価より384円(79%)おトク

獲得ポイント0P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/2(土)~3/7(木)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 集英社
発売年月日 2020/05/13
JAN 9784088822822

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/2(土)~3/7(木)

鬼滅の刃(20)

¥100

商品レビュー

4.4

50件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/01/24
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

上弦の壱 人間時代ってあんな時代を 起きていたんだね 強い 強かったんだよね それにどう勝ったか 時を超えた戦い 血縁を超えたところに現れる 力と命と技 日の呼吸

Posted by ブクログ

2022/11/22

上弦の壱、黒死牟との戦い。縁壱と黒死牟の関係が黒死牟の回想のなかで語られる。  双子という関係もさることながら、生まれから育ち、縁壱の出奔と再開、さらに、鬼となった若いままの兄と、年老いてなお、鬼と対峙しようとする弟の図は漫画、とひとこと言って済ませる内容ではないような気がする。...

上弦の壱、黒死牟との戦い。縁壱と黒死牟の関係が黒死牟の回想のなかで語られる。  双子という関係もさることながら、生まれから育ち、縁壱の出奔と再開、さらに、鬼となった若いままの兄と、年老いてなお、鬼と対峙しようとする弟の図は漫画、とひとこと言って済ませる内容ではないような気がする。   鬼舞辻が鬼であることと、物語の結末は炭治郎少年たちによって決着がつくのだが、生き延びることと、たたかうこと、鬼になった妹を人にもどす、といったこと、が努力することの大切さとともに語られる。それに対して縁壱と黒死牟の物語は少なくとも努力で克服できない物語なのである。しかも、このいかんともしない動かしがたい縁壱の剣は縁壱からはじまって、ゆるがないものとして残っていく。そして、炭治郎の剣として、鬼舞辻を倒すのである。  この作品の根底には、命をつないでいく大切さと、積み重ねられた努力の大切さと、本当に大切で必要なものは、過酷な運命にあっても残っていくのだということが暗に描かれている。  鬼滅の刃を全巻読んだよ、と言ったら、ふうん、やっぱ、よくあるジャンプの漫画なんじゃない? と言った人がいたが、そうでないところが多い。  とくに、縁壱が登場する場面の何ヵ所かは、とくに、そう感じる。 

Posted by ブクログ

2022/11/09
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

はじめのページでほっこりしかけたのに、次のページから急に辛くなりました。 時透くんが早い段階で自分の死を悟るところを読んだとき、なんとなく嫌な予感はしつつもきっと大丈夫!って思っていたのに、一瞬でその希望が打ち砕かれてしばらくページをめくれませんでした。本当に本っっ当に痛々しい姿になったのに、最期まで歯を食いしばって戦い続けたのがものすごくかっこよかったです。 黒死牟を倒せてよかった。本当に強かった。感情の起伏がそんなにない人なのかと思っていたけど、表に出さなかっただけで彼もたくさん悩んでいたし、心に黒い感情がモヤモヤしている感じがものすごく人間っぽい。 そして、縁壱がずっと笛を持っていたというシーンも込み上げてくるものがありましたが、やっぱり最後の一コマ。すごく切ない気持ちがぶわっと広がりました。嫌いとか憎いとか言っているけど、やっぱりすごく特別だったんだな。だけど抱いている嫉妬心が大きすぎてその気持ちに本人も気づけていなさそう。 あついよりも辛いという言葉が合う展開でしたが、おまけページのカナヲちゃんたちが可愛かったです。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品