1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 書籍
  • 書籍

過労死ゼロの社会を 高橋まつりさんはなぜ亡くなったのか

高橋幸美(著者), 川人博(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥1,650

¥1,375 定価より275円(16%)おトク

獲得ポイント12P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 連合出版
発売年月日 2017/11/21
JAN 9784897723006

過労死ゼロの社会を

¥1,375

商品レビュー

4.5

2件のお客様レビュー

レビューを投稿

2022/06/17

有名な電通過労死事件の遺族と弁護士が書いた本。 電通はもともと過労死が多い職場だったけど、新卒1年目の女性が過労死するというのは前代未聞で大きな反響を呼んだ。 東大卒ということで裕福な家庭を想像していたが、田舎育ちの母子家庭とのこと。 経済的に楽ではなかったため中学からは学費免...

有名な電通過労死事件の遺族と弁護士が書いた本。 電通はもともと過労死が多い職場だったけど、新卒1年目の女性が過労死するというのは前代未聞で大きな反響を呼んだ。 東大卒ということで裕福な家庭を想像していたが、田舎育ちの母子家庭とのこと。 経済的に楽ではなかったため中学からは学費免除の特待生を維持して塾にも通わず東大に現役合格。そして電通に入社。 なんと親孝行なことかと思いつつ、親より先に子がなくなるのは最大の親不孝。 「こんなことになるなら、勉強なんてさせなければ良かった。頑張っても幸せになれないなら頑張らなくていい。」というお母さんの言葉には泣けた。 大きな犠牲が代償になったけど、高橋まつりさんの事件で日本社会が多きく変わるきっかけになった。

Posted by ブクログ

2018/07/24

入社して数ヶ月で過労によって亡くなってしまうというとても悲しい出来事について、どういう経緯で起こってしまったのかが書かれている本である。自分自身、過労によって仕事を辞めたこともあり、自分で辞める決断をする大切さを感じた。 読んでいる途中、あまりの無残さに泣いてしまう箇所もあった。...

入社して数ヶ月で過労によって亡くなってしまうというとても悲しい出来事について、どういう経緯で起こってしまったのかが書かれている本である。自分自身、過労によって仕事を辞めたこともあり、自分で辞める決断をする大切さを感じた。 読んでいる途中、あまりの無残さに泣いてしまう箇所もあった。 過労死がマスコミで取り上げられている今、是非読んでほしい1冊

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品