1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • 講談社

ブルーピリオド(14) アフタヌーンKC

山口つばさ(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥759

獲得ポイント6P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2023/07/21
JAN 9784065319437

ブルーピリオド(14)

¥759

商品レビュー

4.4

17件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/01/24

え…殺されたのくだりは…? 貧乏でも絵は描ける、貧乏でもなんとか生きていける、 でもそれはハードモードで、生きては行けるけどそれだけ。 何かをしようとした途端に貧乏の神様が牙を剥く、つてところ ほんとその通りすぎて驚いた。 個人の才能とか努力って、その人だけで完結してないよね。...

え…殺されたのくだりは…? 貧乏でも絵は描ける、貧乏でもなんとか生きていける、 でもそれはハードモードで、生きては行けるけどそれだけ。 何かをしようとした途端に貧乏の神様が牙を剥く、つてところ ほんとその通りすぎて驚いた。 個人の才能とか努力って、その人だけで完結してないよね。周りの環境に大きく左右されるから、だから前の巻で八雲が「努力は環境」って言ったの、分かるなあ。 そう、生きてはいけるしなんとかなるんだけど、でもただご飯食べるためだけに生きるって苦しいでしょ。 特に絵とか音楽とか芸術の世界ってお金がかかるのに、それこそが生活に夢を与えてくれるんよね。

Posted by ブクログ

2023/09/25

実際の芸大生ライフを全く知らんけど、本作を読む限り、物凄い振れ幅で日々が過ぎていく訳ですな。当然かもしらんけど、課題としての製作も直接的に将来に関わってくるから、社会との接点も必然的に増える、ってことかな。

Posted by ブクログ

2023/09/14
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 高2で絵を描くことの楽しさに目覚め。猛烈な努力の末に東京藝大に合格した矢口八虎。藝大2年目を迎え、これまでの課題や講評で芽生えた自分の才能や大学への疑問や不安に美術への情熱を曇らせ、道に迷う八虎に、学外のアート集団ノーマークスと主宰の不二桐緒は新しい視点を与えた。「新入生」の時期は終わり、大人へのステップが始まる。新しい出会い、新しい課題、美術との関わり方、八虎の人生も新しい局面へ。夏休みのある日、金も予定も目標もなくむなしく時を過ごす八虎に、高校からのライバル・世田介に「公募展」なるものがあることを教えられ賞金や展示など授業や課題とは一線を画す作品作りの世界を意識する。公募展に挑むか久々にわくわくする八虎を、年上の同級生・八雲と鉢呂が、彼等の故郷。広島へ誘う。広いアトリエで思う存分作品を作っては?という誘いだった。八虎と世田介は鉢呂、八雲、柿ノ木坂桃代とともに、車で広島へ向かう!アートの歴史や可能性を詳細に活写、美大に進学した青年たちの情熱や奮闘を描く、今までになかった美術系青春漫画、早くも最新刊登場!! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品