1,800円以上の注文で送料無料

人生の勝算 幻冬舎文庫
  • 新品
  • 書籍
  • 文庫

人生の勝算 幻冬舎文庫

前田裕二(著者)

追加する に追加する

人生の勝算 幻冬舎文庫

550

獲得ポイント5P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 幻冬舎
発売年月日 2019/06/11
JAN 9784344428706

人生の勝算

¥550

商品レビュー

4

94件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/06/09
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

インスタのリールで流れてきて、気になり購入。同じ営業職として、沁みる言葉が多かった。以下、メモ。 仕事で大事なのは人に好かれる事だ 完コピしようと、喋り方や仕草、ノートの取り方、果ては使う文具まで、全て真似していた とにかく、無条件で相手を好きになることを心がけている プライベートでもビジネスでも関係なく、全力の愛情を持って接したい 人を好きになることは、コントローラブル 自分次第でどうにでもなる でも人に好かれるのは自分の意思ではどうにもならない コントローラブルなことに手間をかけるのはビジネスにおいても当然 当たり前のことを圧倒的なエネルギーでやり続ける 会社に来たら皆に挨拶する、誰よりも早くきて勉強する、人に思いやりを持って接する等 実はどの分野でも、基本中の基本をやり続けている人は意外と多くない 何か特別なことをする必要はなく、当たり前を徹底的にやり続けるだけで、他の人と圧倒的な差をつけられる バカをしてまでさらけ出すことができる人にコミュニケーションの扉は開く 「誰に仕事を頼みたいか?」という判断の場では、人情や愛嬌といった人間的な要素が最後の決め手になる ハードスキルは大体可能、多少能力やキャリアで劣っても純粋に好かれる人が勝つ 皆能力面のアピールをしまくるからこそ、人当たりのセンスで長けていることは組織の中で大きな差別化になる 仕事の基本は思いやり 僕らがどうなるのか、ではなく使ってくださるユーザーが何をどのように感じるのか?この一点を頭がちぎれるまで日々考えろ 「相手目線」になって、それぞれが求めているモチベーションを冷静に分析、そして本質的に成果の上げられる方法を手ほどきせよ 「この人は今どんな気持ちなのか?」「この会話に何を求めているのか?」に集中して相手の心を見極める スキルよりも愛敬、自分が何を与えたいかよりも相手が何を欲しいのか! モチベーションはどんな仕事術にも勝る どんな理由でも良い、「やる気」は全てを超越し得る モチベーションが高まらないのは見極めが甘い 自分の進むべき道は、現時点では少なくともこれで間違いないと言える、信じ切れるというところまで見極め作業をすればモチベーションは身体から湧いてくる 頑張る=見極めて、やり切る 掘るべきところはここ、解くべき問題はここ、と本質を見極めて、あとは血みどろになっても掘る 人生のコンパス=人生の勝算を持て 自己分析の目的は、人生のコンパスを持つこと コンパス=自分は何を幸せと定義し、どこへ向かっているのかという価値観の言語化 独力が厳しければ、ロールモデルのモチベーションの根源をヒントに、言語化してみよう 「何を人生で最優先するのか」が定まれば、隣の芝が青く見えることもなく幸せに生きられる 選択と集中(やる/やらない)が人生の質を高める! 途中で違うと思ったら、また別のコンパスを持ってリスタートすれば良い 根拠はなくて良い、自分が信じた人生の勝算を持てていること自体が、人生における幸福度を上げる 夢は全力で手を伸ばした1mm先にある 人生に失敗したり、夢破れた人たちの多くは、諦めた時に、実はどれだけその夢に近づいていたか、気づかなかった人たちである チャンスを掴めるのは、常に全力で手を伸ばし続ける人だけだ

Posted by ブクログ

2024/05/05

自分にとって最も誇れる幸福度の高い稼ぎ方が路上でパフォーマンスを見てくださる観客の方からお金をいただくこと

Posted by ブクログ

2024/04/23

メモの魔力でこの方を知りました。 当時テレビで拝見したイメージでは人当たりがよさそうなおにいさんという感じ、、 数年越しにたまたま発見したこの本を読んで、その印象は大きく覆りました。まず筆者のパワーに圧倒されまた。文章自体は難しい言葉もなく、めちゃくちゃよみやすいですが、内容はな...

メモの魔力でこの方を知りました。 当時テレビで拝見したイメージでは人当たりがよさそうなおにいさんという感じ、、 数年越しにたまたま発見したこの本を読んで、その印象は大きく覆りました。まず筆者のパワーに圧倒されまた。文章自体は難しい言葉もなく、めちゃくちゃよみやすいですが、内容はなかなかハードボイルド。 小さい頃から身近な人の死を体験し、人生の限られた時間の中でどう生きるかを常に考え、コンパスを持ち、ひたすら自分が信じる道を進んでいる。 この人から見ると周りは時間の流れが遅いんだろうなと感じるくらいのスピード感で日々を生きていると感じます。 自分の生き方についても考えさせられました。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品