1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • KADOKAWA

乙嫁語り(6) ビームC

森薫(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥792

獲得ポイント7P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 KADOKAWA
発売年月日 2014/01/14
JAN 9784047293960

乙嫁語り(6)

¥792

商品レビュー

4.5

93件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/03/02
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

相変わらず、アミルさんとカルルクさんの年の差夫婦は微笑ましい。アミルさんが年若い夫のことを本当に大切に思っているんだな、成長を心待ちにしているんだなと伝わってくる。 また、今回は部族同士? の戦闘シーンが大きな割合を占めていた。なかなかリアルなシーンの連続で、その過酷さ凄まじさがよく描かれていたと思う。 大自然と共に生きる人々は、「やるか、やられるか」なのだろうか。お婆様の存在感は半端ない。ここでは女性もただ男に守られるだけの弱い存在ではなく、共に武器を取って戦う同士なのだと判る。 そういえば、アミルさんも乗馬や弓の達人だし、お婆様と通じるものがあるかもしれない。

Posted by ブクログ

2023/02/20
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

戦いの場面 絵の力だなぁ すごいなぁ 引いて 寄って 大きくなって 小さくなって どんどんと この世界に連れて行かれる 言葉でどうしようもなくなった時には 結局武力しかないのは いつも どんな場所でも同じ

Posted by ブクログ

2022/12/26
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

アミルを取り戻す話はそういえばどうなったんだろうなぁとちょうど思って読んでいたらガチの争いになった。 まぁなんかあるだろうなぁと思っていたら、裏切ったしね。最後、やっぱりばあちゃんカッコいい。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品