1,800円以上の注文で送料無料

クスノキの女神
  • 中古
  • 書籍
  • 書籍

クスノキの女神

東野圭吾(著者)

追加する に追加する

クスノキの女神

定価 ¥1,980

1,705 定価より275円(13%)おトク

獲得ポイント15P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 実業之日本社
発売年月日 2024/05/23
JAN 9784408538563

クスノキの女神

¥1,705

商品レビュー

4.4

96件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/07/14

クスノキの木、満月の夜 人の想いを預念し、また受念させることもできる。 今回の依頼人は、ある一時を境に記憶できなかった少年、昔食べた 梅大福を思い出し、それを両親に作ってもらう。 また、その少年は余命も短く、何か形に残るものを作りたいという思いもあった。 少年は絵本の絵を描き...

クスノキの木、満月の夜 人の想いを預念し、また受念させることもできる。 今回の依頼人は、ある一時を境に記憶できなかった少年、昔食べた 梅大福を思い出し、それを両親に作ってもらう。 また、その少年は余命も短く、何か形に残るものを作りたいという思いもあった。 少年は絵本の絵を描き、偶然あった少女はクスノキの物語を描き、2人の想いがクスノキの絵本となる。 最終的にその絵本は、クスノキの木の元番人、現在の番人の玲斗のおばである千舟によって読まれる。

Posted by ブクログ

2024/07/14

正直「クスノキの番人」での玲斗には、あまり好感持てず、東野作品にしてはめずらしくななめ読みで終わっていました。今回続編ということで読んで見ると、玲斗が人としてクスノキの番人としてかなり成長している姿をみることができてよかったです。あのかくしゃくとしている人の変化や、脳疾患を患って...

正直「クスノキの番人」での玲斗には、あまり好感持てず、東野作品にしてはめずらしくななめ読みで終わっていました。今回続編ということで読んで見ると、玲斗が人としてクスノキの番人としてかなり成長している姿をみることができてよかったです。あのかくしゃくとしている人の変化や、脳疾患を患っている人の切なくなるような結末が描かれていました。日々刻々と過ぎていく時間を大切にしたいと思える物語でした。

Posted by ブクログ

2024/07/13

辛い。誰にでも起きる可能性がある認知症が辛い。記憶が消えることの苦しさ、葛藤、周りの人の悲しみ。母に本を借りる時にどーだった?と聞いたら切ない顔して身につまされる。。と言っていた意味が分かる。おじいちゃんが認知症だった時のことも思い出しただろうし、自分もそのうちって考えたかなと思...

辛い。誰にでも起きる可能性がある認知症が辛い。記憶が消えることの苦しさ、葛藤、周りの人の悲しみ。母に本を借りる時にどーだった?と聞いたら切ない顔して身につまされる。。と言っていた意味が分かる。おじいちゃんが認知症だった時のことも思い出しただろうし、自分もそのうちって考えたかなと思うと泣けてくる。 話のメインは眠ると記憶が消えてしまう少年と罪を犯してしまった少女の話だけど。。どーしても身近に起こる可能性がある認知症の方に心が揺れる。。もしも母が。。そんなこと考えたくもないし起こらないかもしれないけど。。何があっても今日生きてるだけで幸せなんだよって笑顔で思いながら生きていきたい。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品