商品レビュー

3.9

118件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/12

冒頭は哲学っぽく、話の筋がまるでわからなかった。 というか、このページ数に圧倒されていたのもある。 木場や榎木津が登場して、ようやく話が動く。 そして、この昭和の時代感。古臭くもあり、知らないが故の淫靡さが漂う。 終盤、謎が明らかになってくるが、それでも謎は深まっていく。もう...

冒頭は哲学っぽく、話の筋がまるでわからなかった。 というか、このページ数に圧倒されていたのもある。 木場や榎木津が登場して、ようやく話が動く。 そして、この昭和の時代感。古臭くもあり、知らないが故の淫靡さが漂う。 終盤、謎が明らかになってくるが、それでも謎は深まっていく。もう一度、ゆっくり読み直さないとなかなかに理解は難しい(私だけ!?) まずは、シリーズ前作からさかのぼってみたい。

Posted by ブクログ

2024/02/04
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

ばらばらに追いかけていた事象が集結していく様はお見事。中禅寺の長広舌も期待を裏切らない。 ストーリーの面白さに加えて、テキストも楽しめる。鵼とそれを構成する「蛇」「虎」「貍」「猨」「鵺」のパートに分かれており、それぞれそのワードと関連するようになっている(「虎」「貍」は少々こじつけっぽいけど)。そして(一)が一番判り易いが、(一)から(五)までそれぞれの冒頭が同じ法則でつづられている。ところが(六)は一見何の関連もないように見え、「関係ない」ことを暗示しているのかとか勘ぐったりもできる。 そして、クロスオーバー。巷説百物語シリーズを読み返したくなること必至なのだ。 幾重にも仕掛けが盛り込まれていて、未だ取りこぼしがあるかもしれない。それやこれやで迚も愉しい。

Posted by ブクログ

2024/01/31

久しぶりすぎて、前作の記憶がほとんどないまま、読み始め、過去の事件もそういえばそんな感じのがあったかもという感じ。それでも主要メンバーとの再会は嬉しかった。 読みながら、 ネット社会の魑魅魍魎、陰謀論に取り憑かれた人々がいっぱいいるなと思ったり。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品