1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • コミック
  • KADOKAWA

乙嫁語り(14) 青騎士C

森薫(著者)

追加する に追加する

定価 ¥792

¥605 定価より187円(23%)おトク

獲得ポイント5P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 KADOKAWA
発売年月日 2022/10/19
JAN 9784047372597

乙嫁語り(14)

¥605

商品レビュー

4.6

23件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/11/06
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

アゼル一族の嫁探しの話 結婚に至るに至った背景は置いておいて、3人それぞれにあった女性でこれからも描かれるのが楽しみ。 ひとえにお嫁さんと言っても人間色々だよね!って思える。 そして今回のもう一つのメインは馬の画。 動物を描かせたら森薫さんの右に出るものはいないんだろうな。素晴らしい。

Posted by ブクログ

2023/09/01
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

久しぶりにアミルとカルルクのお話から。 ロシア侵攻に備えるために草原の一族が手を組む。 それを仲介する町の者。 草原の一族の一つはアミルの実兄「アゼル」が長を務める。 もう一つは新キャラで、強い女性「ジャハン・ビケ」。 「娘婿に相応しいかどうか」と勝負をすることに。 協定を組んでも、弱い男に嫁がせる訳にはいかない。 たとえそれが政略結婚だとしても。 勝負に勝ったアゼルが選んだ女性はジャハン・ビケ。 ジョルクを気に入ったのはリャザット。 パイマトは一度結婚に失敗して顔に火傷の跡の残るアイグル。 3組の夫婦の誕生。 アミルとカルルクのイチャイチャで締めくくられる。 ロシアって、昔から凍らない港が欲しかったんだろうな… テケ族の金の馬・・・ ついこの間動画で見たばっかりで、ビビったわ。 ホントに美しい。

Posted by ブクログ

2023/04/26

新しい嫁候補者たちと、アゼルたちとの物語。 男の中の男良し。 やさしい男良し。 かわいい男良し。 好みはいろいろ。 皆が幸せになってほしい。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品