1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • コミック
  • 集英社

ゴールデンカムイ(29) ヤングジャンプC

野田サトル(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥594

¥550 定価より44円(7%)おトク

獲得ポイント5P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 集英社
発売年月日 2022/04/19
JAN 9784088922430

ゴールデンカムイ(29)

¥550

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

4.5

24件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/10/12

五稜郭を大舞台にして始まる土方歳三を中心とした杉元、アシリパ、ソフィア率いるロシア人達と鶴見中尉率いる第七師団との戦争。 遅れてきた鯉登が持参する大沼公園名物というワードで懐かしさにキュンとさせてもらいました。 札幌で育った子供時代。やたらと耳にしたのに東京に来たら全く聞かなくな...

五稜郭を大舞台にして始まる土方歳三を中心とした杉元、アシリパ、ソフィア率いるロシア人達と鶴見中尉率いる第七師団との戦争。 遅れてきた鯉登が持参する大沼公園名物というワードで懐かしさにキュンとさせてもらいました。 札幌で育った子供時代。やたらと耳にしたのに東京に来たら全く聞かなくなった地名。脱線申し訳なく。 土方さん、カッコ良い。今まで読んだり見たりしたコンテンツで土方さんにここまで惚れたことは無い。いつの間にか枯れ専になったのか。いや、年相応か。どうでもよいが。オジイな土方歳三をここまで素敵に描く野田サトル氏に尊敬の念強まる。 表紙は鯉登少尉ですが、土方歳三に沁みる一冊に思えます。 金塊は見つかるのか?無いのか? そして、門倉の悪運の強さも是非、読んでもらいたくなる一冊でした。

Posted by ブクログ

2022/11/23
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 解けた。これが金塊の在り処? これでやっと金塊争奪戦が終わるのですね。いやいや…本番はこれからだ。暗号が解け、鶴見、土方、杉元、ソフィア、全ての勢力が一斉に集結!! 舞台は、函館、五稜郭。終わりが始まる第29巻!!!!!!! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted by ブクログ

2022/11/16
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

 大の大人が揃いも揃って、あまりの結末に泡を吹いて倒れる29巻である。  函館は五稜郭、廃墟となった函館山のロシア領事館から運び込まれたはずの金塊が、実は……という美しくも腰砕けの一捻りは実にお見事な緩急だろう。  そして後半、強運な男がもたらしたヒントが、黄金の雨を導いた。  29巻を費やして追い続けた物語最大の謎が解ける、そんな29巻である。  先に述べておくと、私は2022年のGWの無料公開時に読んだ後追い読者である。  ご祝儀も兼ねて、終結間近の3巻を購読させていただいたが、一読ゆえの浅さはご容赦願いたい。  それにしても、本当にスケール感が大きい。  一大シリーズのクライマックスに相応しい密度の物語、そして高密度の絵の数々。  例えば、鶴見中尉が夢見るおぞましい蝦夷地改造計画が描かれた見開きは、あまりに美しい芥子の花畑が描かれている。  幾度となく描かれる函館や五稜郭の絵といい、本当に絵力が強い。  そしてこの物語の主人公の一人である土方歳三。  彼が後世に託して残した準備が巻末に置かれているのも心憎い。  過去編で伏線を引き、いざ決戦へと臨む物語の臨場感は異様なほどに熱い。  本当に高品質極まりない作品である。出会いが遅れたのがつくづく惜しまれる。  今巻は単体で余裕の星五つ、精確に述べれば星七つ相当のドラマだろう。  すでにして猛烈に死者を生んでいる最終決戦、五稜郭での決戦は日本軍第七師団を前に、新撰組残党、極東ロシアのパルチザン、そして主人公ら連合軍が籠城戦に入った。  援軍なき籠城は愚策だが、老将・土方に策は残されているのか。  次巻に乞うご期待、といったところだろう。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品