1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • コミック
  • 集英社

呪術廻戦(9) ジャンプC

芥見下々(著者)

定価 ¥484

¥275 定価より209円(43%)おトク

獲得ポイント2P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/6(水)~3/11(月)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 集英社
発売年月日 2020/01/04
JAN 9784088822181

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/6(水)~3/11(月)

呪術廻戦(9)

¥275

商品レビュー

4.4

31件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/04
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

呪術廻戦はマイノリティに関する物語なのか。 特級術師九十九由基の登場。彼女の話を参考にすると、タイトルにある「廻戦」は、呪霊を狩るばかりでおわりがないことを示しているようだ。 どうやら人間は呪力を持っていて、それが漏出して積み重なり、呪霊になるらしい。 高専の敵はもともと高専の人間だったことが明らかになる。

Posted by ブクログ

2024/01/31

甚爾のことも夏油のことも灰原のことも全部が辛い巻。アニメを先に観ているけど改めて物語を追うと余計しんどい。この巻で七海が出てくる唯一のシーンが苦しい。

Posted by ブクログ

2023/10/23

2023年で読んだ漫画の中で1番よかった 夏油が好きなのでこの巻で感想を書きます 今までかつて五条と夏油ほど丁寧に、濃厚に人間関係が描写されることがジャンプ漫画であっただろうか 作者がとにかく関係性オタクなのでしょう そして人間関係を大事に描くこととありきたりな大団円をにはしるこ...

2023年で読んだ漫画の中で1番よかった 夏油が好きなのでこの巻で感想を書きます 今までかつて五条と夏油ほど丁寧に、濃厚に人間関係が描写されることがジャンプ漫画であっただろうか 作者がとにかく関係性オタクなのでしょう そして人間関係を大事に描くこととありきたりな大団円をにはしることもまた違う そこが呪術廻戦の好きなところです これからの展開にも期待です

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品