1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 書籍
  • 書籍

2億円と専業主婦

橘玲(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥1,100

¥440 定価より660円(60%)おトク

獲得ポイント4P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介 『専業主婦は2億円損をする』加筆・修正・改題書
販売会社/発売会社 マガジンハウス
発売年月日 2019/11/19
JAN 9784838730698

2億円と専業主婦

¥440

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

4

22件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/12/11

著者もあとがきで言ってるけど「ニューリッチのススメ」を切り口を変えて主婦向けに書いたもの。脳の働きには今また新しい考えもあるみたいだけど古い作品の焼き直しなのでそこは仕方ない。そこはいいんだけど炎上に怯えてタイトルを変更したのが良くない。

Posted by ブクログ

2023/11/04

自分自身もどこかで専業主婦的なものをイメージしていたことに気づいた。 というかほとんど考えていなかった。 しかし本書でも言及されているように、単に結婚するだけならまだしも、子どもを作るとなると、そういう銭勘定がリアルに迫ってくる。 そういう意識が欠如していた。 そこでリアルに立ち...

自分自身もどこかで専業主婦的なものをイメージしていたことに気づいた。 というかほとんど考えていなかった。 しかし本書でも言及されているように、単に結婚するだけならまだしも、子どもを作るとなると、そういう銭勘定がリアルに迫ってくる。 そういう意識が欠如していた。 そこでリアルに立ち返れば、どう考えても共働き的な方向性を模索せざるを得ないことに気づく。 そのために親のリソースとかをうまく活用するなど。 それがわりとグローバルスタンダードだとして、今まで考えられていなかったことが悔しい。 ーー ・専業主婦というのはかなり特殊な家族形態。 近代ヨーロッパで生まれたもの。 ・共働きだから可哀想とはならない。より可哀想なのは貧困にあえぐこと。 ・欧米では仕事探し同様に恋人探しもトライ・アンド・エラーが当たり前に。 日本だと、結婚すると別れづらく、さらに子どもを産むと身動きが取れなくなる。 フランスなんかは別れやすい制度がある、事実婚的な。 ・単に結婚するだけならリスクヘッジになって人生が充実する。 本当に大変で変わってくるのが、子どもを持つ際。 そのときに特に女性は働き方が変わったりすることが余儀なくされる。 ・子育ての外注戦略。例えば家政婦、親。 ・必ずしも正社員で働く必要はなく、10万円でも稼げるなら生涯年収に大きな差が出てくる。

Posted by ブクログ

2023/10/01

いつもの橘さんらしく、他の人は遠慮してなかなか言えないことを述べている本だと思う。 専業主婦は2億円の損という話。 この本は何も女性ばかりに働きなさいと言っているわけではなく、男性も家事や子育てを分担し、夫婦揃ってキャリアを積むことを進めている。 この本のあとに別のジェンダー...

いつもの橘さんらしく、他の人は遠慮してなかなか言えないことを述べている本だと思う。 専業主婦は2億円の損という話。 この本は何も女性ばかりに働きなさいと言っているわけではなく、男性も家事や子育てを分担し、夫婦揃ってキャリアを積むことを進めている。 この本のあとに別のジェンダー論の本を読んだのだが、専業主婦の問題は、男性と女性が性別によって養う側と養われる側に分けられること、女性が経済的自立ができないために、生活を夫の稼ぎに頼らねばならず、ハイリスクを負う事、などが述べられていた。 専業主婦という生き方をしたい人はすればよいが、とっとと結婚して家庭に入り、子育てに専念するために仕事を辞めて専業主婦になります…という考えを、「女性だから」で選んではいないか、考えさせられる。 また、独身者についても言及されている。 お金に換算するとなんだか下品と思う人もいるかもしれない。 私もなんでもお金に換算するのはどうかとも思うが、生活力は経済力であり、お金を稼ぐことは生活水準を上げること、精神的余裕にもつながる。 愛は対等な関係からしか生まれないという、現代的だけど見落としがちなことも述べられており、パートナーとの関係について考えるきっかけを与えてくれる。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品