1,800円以上の注文で送料無料

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 憑かれた鏡 河出文庫
  • 中古
  • 書籍
  • 文庫

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 憑かれた鏡 河出文庫

エドワードゴーリー【編】, 柴田元幸【ほか訳】

追加する に追加する

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談 憑かれた鏡 河出文庫

定価 ¥990

440 定価より550円(55%)おトク

獲得ポイント4P

在庫わずか ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 河出書房新社
発売年月日 2012/06/06
JAN 9784309463742

エドワード・ゴーリーが愛する12の怪談

¥440

在庫わずか
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.6

25件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/03/10

全ての作家が19世紀生まれなので、かなりクラシックなホラー作品ばかりで、今のホラーと比べると怖さの点では大したことはない。 最初の「空家」なんて、正統派すぎて、これでいいの?という感じさえする。変わり者の叔母と甥が百年前(そんなに前か!)人殺しのあった、幽霊が出るという噂の空家に...

全ての作家が19世紀生まれなので、かなりクラシックなホラー作品ばかりで、今のホラーと比べると怖さの点では大したことはない。 最初の「空家」なんて、正統派すぎて、これでいいの?という感じさえする。変わり者の叔母と甥が百年前(そんなに前か!)人殺しのあった、幽霊が出るという噂の空家に、夜中に忍びこんで、その殺人に立ち会う(音だけ)という話。でも、昔はこれが十分怖かったのだろうし、なかなか緊迫感のある描写である。 ディケンズ、スティーブンスン、ブラム・ストーカーなど長編で世界文学史に名を残す作家の短編が読めるのも嬉しい。 前にも何度も読んだ作品「猿の手」「八月の炎暑」「信号手」も入っているので既視感もあるが、柴田元幸さんの「猿の手」はやはり名訳だと思う。 何度も読んだ「猿の手」「八月の炎暑」「信号手」を除き、よかったのはスティーブンスンの「死体泥棒」。スティーブンスンは「ジキル博士とハイド氏」が有名で、あれはジョン・ハンターがモデルなのではと言われているが、これもジョン・ハンターのような医者が出てくる。主人公ではないが。解剖学が最もアツかった頃、あまりに学生が熱心に解剖するので解剖用の死体が不足して…となればあとはもう想像つく感じだが、評価の高い医学教師がなぜ高いかというと死体を切らさないから、というのが面白い。時代の雰囲気が伝わる作品だった。 ブラム・ストーカーの「判事の家」も、邪悪な判事が死後も強烈な力を持ち、知的で理性的な主人公が精神的に追い詰められていく描写が上手い。 ウィルキー・コリンズの「夢の女」は外し方が絶妙な味わい。 今時はトラウマになりそうなホラー小説もあるけど、これくらいがちょうどいい気もする。 ゴーリーは、挿絵としての能力も高いのだなと感心した。

Posted by ブクログ

2023/03/19

ホラーの短編集。 ふむ、私が読解力が足りないのかそこまで恐怖は感じなかった。所々、現代の社会の問題にも障るように感じた。 また数年後に読んで感じ方を確認しようと思う。

Posted by ブクログ

2022/06/08

ホラーって読みにくかったり難しいイメージがあるけれど…この本はすごく読みやすかった。 それにゾクゾク、鳥肌が立つ怖い話がいっぱいです!

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品