1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

花×華(1) 電撃文庫

岩田洋季【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥649

¥110 定価より539円(83%)おトク

獲得ポイント1P

在庫わずか ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

5/22(水)~5/27(月)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 アスキー・メディアワークス/角川グループパブリッシング
発売年月日 2010/03/10
JAN 9784048683999

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

5/22(水)~5/27(月)

花×華(1)

¥110

在庫わずか
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.7

8件のお客様レビュー

レビューを投稿

2010/03/12

深みのある設定が切なく彩る素敵な物語

確かにラヴコメである。作者も「青春」を意識したラヴコメだとあとがきで述べている。しかし、ただのラヴコメではない。何とも言えない哀しさと切ない宿命を抱えた運命を乗り越える物語に仕上げているのはさすがの一言。起承転結で奥深いドラマをしっかり描いている。 序盤で2人のヒロイン【...

確かにラヴコメである。作者も「青春」を意識したラヴコメだとあとがきで述べている。しかし、ただのラヴコメではない。何とも言えない哀しさと切ない宿命を抱えた運命を乗り越える物語に仕上げているのはさすがの一言。起承転結で奥深いドラマをしっかり描いている。 序盤で2人のヒロイン【花】と【華】が大胆極まる行動に出るところは作者の出世作『護くん』を彷彿とさせる。こんな嬉し恥ずかし羨まし展開あるかぁっ!とクラスメイトならずも叫びたくなる激甘で話は進むが、中盤から少しずつ陰っていく。ヒロイン達と主人公【夕】との恋模様が陰るのではなく、花と華の秘密めいた背後が見え隠れし始めてシリアス成分が滲み出てくる。また、夕にもコンプレックスがあることから、違いこそあるものの、この3人にはそれぞれ宿命めいた負い目や壁を持っているという本作の影のテーマが見えてくる構成である。親と子、そして父と母という、離れたくないのに近寄りがたい、距離を置きたいのに置いて行かれたくない、越えたいのに越えられない存在と関係が本作の背景を色濃く彩っている。しかし、こうしたキツイ宿命と運命を抱えながらも脇道に逸れることなく、打ちひしがれながらも前向きに生きようとするのが本作の素晴らしさであり、彼女達と彼、彼と彼女達、この3人の出会いが呪縛からの解放を謳い、お互いがお互いを「救われた」と感謝し合う素敵な物語になっている。 これだけ渾身の1作を上梓すると、しばらく次作の構想が滞る気もするが、これは是非ともシリーズ化して頂きたいところ。小柄な華を愛でる演劇部部長には生徒会長というオプションも付いているのでこのままでは勿体ないし、他にもこれから動き出しそうなメンバーが周りに控えている。それに何より夕と花と華の物語はまだ始まったばかりである。

DSK

2023/12/24

瑞々しいほどの青さとか、恐れを知らぬゆえのがむしゃら感とか、決して素材は悪くないと思う。ストーリーも、ありがちと言うか悪くはないし。

Posted by ブクログ

2017/04/14

全8巻完結。ヒロインが主人公に好きという気持ちをはっきり伝えて、主人公も彼女らの気持ちをちゃんと分かっているという、ツンデレ女子に鈍感男子がテンプレのライトノベルには珍しい、というか唯一なんじゃないかと思う、公開両想い三角関係作品。読んでいて気恥ずかしくなる。葉菜子がいなかったら...

全8巻完結。ヒロインが主人公に好きという気持ちをはっきり伝えて、主人公も彼女らの気持ちをちゃんと分かっているという、ツンデレ女子に鈍感男子がテンプレのライトノベルには珍しい、というか唯一なんじゃないかと思う、公開両想い三角関係作品。読んでいて気恥ずかしくなる。葉菜子がいなかったら、読み終えられなかったかも。 でも最終巻まで読んで良かった。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品