1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

夜のピクニック 新潮文庫

恩田陸【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥825

¥495 定価より330円(40%)おトク

獲得ポイント4P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/27(土)~5/2(木)

商品詳細

内容紹介 高校生活最後を飾るイベントの「歩行祭」とは、全校生徒が夜を徹して80キロ歩き通す北高の伝統行事だった。甲田貴子は三年間、誰にも言えなかった秘密を清算するために歩行祭にのぞんだ。本屋大賞も受賞した永遠の青春小説。デビュー作『六番目の小夜子』もオススメです。
販売会社/発売会社 新潮社/
発売年月日 2006/09/07
JAN 9784101234175

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/27(土)~5/2(木)

夜のピクニック

¥495

商品レビュー

4.1

2373件のお客様レビュー

レビューを投稿

2019/08/03

「歩行祭」あってもよいかも

この本の舞台は、高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」 読み始めた最初では、ただ歩くだけでどのように話が展開できるのか不思議だった。 しかし、読んでいくうちに、状況(感情)移入してきて、自分が歩き続けて体がだるいときや暗い夜道を歩いているときの状況を思い浮かべながら読み進んでい...

この本の舞台は、高校生活最後を飾るイベント「歩行祭」 読み始めた最初では、ただ歩くだけでどのように話が展開できるのか不思議だった。 しかし、読んでいくうちに、状況(感情)移入してきて、自分が歩き続けて体がだるいときや暗い夜道を歩いているときの状況を思い浮かべながら読み進んでいけた。 高校生たちは、体を動かし続けてけて、疲れてきたり、夜で周囲が暗かったりする状況だからこそ、普段言えない秘密を話したり、普段ならためらってしゃべれないことが言えたりしてわだかまりや変な誤解を解いていった。 新幹線やバスで遠いところにいくより、シンプルだけど友達含めて皆で語らえる「歩行祭」も方が高校行事としてふさわしいと思った。

パエリア作ってもらう

2012/09/03

青春小説として面白い

青春小説として面白い。自然と高校生時代の気分や思いを思い出させてくれる。ただ話しながら歩くというシチュエーションのなかで、高校生年代独特の気分を思い出させるセリフ、行動が満載されている。

平塚 泰司

2010/05/28

「みんなで、夜歩く。…

「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」 夜を徹して八十キロを歩き通す高校行事、「歩行祭」。そこで登場人物それぞれの、ささやかな想いが交錯する青春小説。特別に派手な事件が起こるわけではないけれど、人生のスタートラインに立とうとする高校三年生たちの心...

「みんなで、夜歩く。ただそれだけのことがどうしてこんなに特別なんだろう」 夜を徹して八十キロを歩き通す高校行事、「歩行祭」。そこで登場人物それぞれの、ささやかな想いが交錯する青春小説。特別に派手な事件が起こるわけではないけれど、人生のスタートラインに立とうとする高校三年生たちの心情が上手い。

文庫OFF

関連商品

最近チェックした商品