1,800円以上の注文で送料無料

葬送のフリーレン(VOL.10) の商品レビュー

4.1

20件のお客様レビュー

  1. 5つ

    6

  2. 4つ

    5

  3. 3つ

    5

  4. 2つ

    0

  5. 1つ

    0

レビューを投稿

2024/05/01

マハトの100年分の記憶を解析するフリーレン達。それは魔族が人間の感情を知ろうとした記憶であった。無名の大魔族であるソリテールがついに結界を破ってしまい、マハトが解き放たれる。広がっていく黄金の魔法、残る希望はフリーレンだけ。果たして戦いはどう決着するのだろうか。

Posted byブクログ

2024/02/18

第10巻。 マハトの記憶の振り返りです。なぜマハトが城塞都市ヴァイゼにやってきたのか。なんで支配の石環付けているのか。どうしてヴァイゼが黄金郷になったのか。どうやってヴァイゼが結界で隔離されたのか。そのあたりが明かされます。面白い。 後半は結界が壊され、黄金が拡大します。みんな黄...

第10巻。 マハトの記憶の振り返りです。なぜマハトが城塞都市ヴァイゼにやってきたのか。なんで支配の石環付けているのか。どうしてヴァイゼが黄金郷になったのか。どうやってヴァイゼが結界で隔離されたのか。そのあたりが明かされます。面白い。 後半は結界が壊され、黄金が拡大します。みんな黄金になってしまいます。そして最後に寝てたフリーレンが目覚めます。次巻で決着でしょうか。 フリーレン、ゼーリエの結界も解除したし、アウラのアゼリューゼも解除したし、こういうの得意みたいですね。色々な魔法を収集しているのが役に立っているのでしょうか。

Posted byブクログ

2023/11/18
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 魂の眠る地・オレオールへと旅する、勇者一行にいた魔法使い・フリーレン。七崩賢・マハトの“人を知る”過去の中に、人類と魔族の特異な関係性が存在した。物語は、色彩を失った黄金へと融けてゆく。英雄たちの“悪意”を反射する後日譚(アフター)ファンタジー! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted byブクログ

2023/04/22

過去が在って今が在る。そのような繋がりや構図を盛んに描いてきた本作。それは基本的に勇者パーティーの一人であったフリーレンを介しての形が多かった けれど、今巻はマハトへの勝算を見出す為の過去探訪であるから異色且つ長きに亘る過去回想となっているね これまでも幾度かに亘って描かれてき...

過去が在って今が在る。そのような繋がりや構図を盛んに描いてきた本作。それは基本的に勇者パーティーの一人であったフリーレンを介しての形が多かった けれど、今巻はマハトへの勝算を見出す為の過去探訪であるから異色且つ長きに亘る過去回想となっているね これまでも幾度かに亘って描かれてきた魔族の異質さ。今回はそれに付き合える人間が現れた事で魔族の異質さはそのままにマハトの性質が幾らか見えた気がするよ 悪意を知る為に人を殺し彷徨い続けるマハト。そこに在るのは人や魔族を理解したいという純粋な感情。けれど行動が限りなく邪悪だから彼はどうしたって人と異なる存在 そんなマハトの疑問に付き合ったのが一人の人間と一人の魔族か ソリテールはマハトと同じように人間と隔絶した存在。けれど知を求める為に様々を研究し考察する彼女だからこそマハトに告げられた言葉があった。でもソリテールの言葉はマハトに答えを与えるものではない マハトが求めているのは言葉で理解できる何かではなく、実感で理解できる何か そうして彼が次の段階として選んだのは人間との密約ですか それにしてもグリュックは人の道から外れているね。だからこそ人と全く異なる価値観を持つマハトを理解できたのだろうけど グリュックとマハトによる歪な筈なのに安定して続く関係は他者にとってどう見るのが正しいか迷わせるもの グリュックに仕えるマハトは忠実な下僕であるように見える。けれど魔族の本質を考えれば彼がいつグリュックを殺したって可怪しくない危うい関係にも見える 実態として、マハトは幾らでも時間が有るからこのような遊戯に耽ることが出来、グリュックはいつ殺されても構わない心情だったのだろうけど 歪であっても何十年も続けばそれは掛け替えのない時間だったという事になる。だからこそ、マハトはその最高の瞬間に全てをぶち壊して、そこから得られる何かを体得しようとしたのか そんな判断をするマハトが異様なら、平然と受け容れるグリュックも異様。他者には理解できない二人の価値観、故に二人の尊さが垣間見えてしまう マハトの過去を見たフリーレンの解説を待つ事なく始まるのは大魔族との闘争。フリーレンが戦力にならないなら、未熟な部分の有るフェルンとシュタルクで戦うしか無いが、敵う相手ではない 決して折れずに一矢報いてみせたのは流石だけど、それ以上にならなかったのはやはり実力の問題か 仲間が倒れ行く中で唯一生き残ったフリーレン。彼女はこの逆境をどのように打ち破るのだろうか? それにしても、シュラハトが未来のフリーレンに南の勇者との戦いを見せなかったのは何故だろう?観察によって魔族の魔法を打ち破れるフリーレンがこの戦いを知らない事によって、今後の魔族に復権の機会があるということなのだろうか?

Posted byブクログ

2023/04/15

フリーレンが勝てるイメージが持てないマハト。 その過去の記憶。 フリーレンがマハトの記憶の解析が終わったところで10巻が終わったので、全てを黄金に変える魔法をどう打ち破るのかという続きが楽しみで仕方ない。

Posted byブクログ

2023/04/09
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

黄金郷編。 七崩賢・マハトの記憶をフリーレンによって解析。 人類と魔族の特異な関係性、マハトとデンケンの出会いなどが少しずつ見えてきました。 そフリーレンの記憶の解析中に、七崩賢・マハトと無名の大魔族・ソリテールとの戦いに挑むデンケン、フェルン、シュタルクだが、3人とも黄金にされてしまう。 そして解析中のフリーレンも黄金に・・・。 "魔法はイメージ" "だったら僕がイメージさせてやる。この世に不可能はないって。" 勇者ヒンメルの言葉によって、フリーレンはイメージしたのかな。解析が終わり、フリーレンの黄金が解けた! 黄金にされた皆を助けることはできるのか。 秋から放送のアニメも楽しみです!!

Posted byブクログ

2023/04/02

フリーレンもマハトも、みんな似てるなぁ。 何かを沢山持っている者は、何かを持っていなくて、それを埋め合わせようとするような。 そして黄金郷編はまだ続くのか。

Posted byブクログ

2023/03/24
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

漫画喫茶で読みました。 最近いろいろ言われているフリーレン。 たぶん、マハト編で脳が疲れちゃったんじゃないかな?って気がする。 あれは考えるのにカロリー使いそうな話だと思う。 フリーレンがマハトの記憶を読んでいる途中から。 ソリテールがヴァイゼの結界を破って黄金化が再拡大、 ソリテールはフェルンたちの元にお話に来るし、 マハトは他の地へ去る前の掃除をしに来るしでもうタイヘン。 シュタルク・フェルン vs. ソリテール戦 デンケン vs. マハト戦 マハトの黄金化からフリーレンを守ろうとデンケンが戦線離脱するもソリテール介入で敗北、 シュタルク・フェルン・デンケンが黄金化する中で、 フリーレンが「万物を黄金に変える魔法」の解析完了して次巻へ続く。 北部高原ヴァイゼ地方: まだまだ続くヴァイゼ地方。 ソリテールの襲来してヴァイゼの結界が破壊して黄金が広がっているけど・・・。 マハトがやりたかったのは親しくなったモノを破壊して罪悪感を得られるか?なんだから、黄金が広がる理由がないよね。 むしろ人類を滅ぼしてしまうと願いが叶わないワケで。 あ~、でもその願いってのも魔族は分からないのか? でも楽しいって感情はあるようだし、この辺りの匙加減を考えるのにカロリーを使いそう。 まぁ、「魔族だから(人間の頭では図れない)」で理由付けできる伏線を貼ってはいるんだけど。 そして、ソリテールの言葉にビックリだよ。 むしろマハトを殺せる魔法使いが数えるほどにはいるのか。 メモ: 血塗られし軍神リヴァーレ 終極の聖女トート 黄金郷マハト(黄金の七崩賢) 不死なるベーゼ

Posted byブクログ

2023/03/21

絵はすごく綺麗。 戦闘シーンとかの描き方が、なんか違和感があるんだよなぁ。線の描き方や体の角度とかなのかなぁ。 元々、終わりの無い話だから、物語の展開がつまんないな、と思っていたけど、この巻は楽しく読めました。 ダラダラした話にならず、進んで行くと良いなあ

Posted byブクログ

2023/03/21

面白くなってきたところで終わった。 もどかしいよー。 そして、やっぱり決めどころは勇者ヒンメル。 カッコいいなあ。 こんな記憶を抱えながら、 一人生き続けるっていうのは、 かなり酷な話だよ。

Posted byブクログ