1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • 小学館

葬送のフリーレン(VOL.10) サンデーC

アベツカサ(著者), 山田鐘人(原作)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥594

獲得ポイント5P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 小学館
発売年月日 2023/03/16
JAN 9784098517718

葬送のフリーレン(VOL.10)

¥594

商品レビュー

4.1

19件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/18

第10巻。 マハトの記憶の振り返りです。なぜマハトが城塞都市ヴァイゼにやってきたのか。なんで支配の石環付けているのか。どうしてヴァイゼが黄金郷になったのか。どうやってヴァイゼが結界で隔離されたのか。そのあたりが明かされます。面白い。 後半は結界が壊され、黄金が拡大します。みんな黄...

第10巻。 マハトの記憶の振り返りです。なぜマハトが城塞都市ヴァイゼにやってきたのか。なんで支配の石環付けているのか。どうしてヴァイゼが黄金郷になったのか。どうやってヴァイゼが結界で隔離されたのか。そのあたりが明かされます。面白い。 後半は結界が壊され、黄金が拡大します。みんな黄金になってしまいます。そして最後に寝てたフリーレンが目覚めます。次巻で決着でしょうか。 フリーレン、ゼーリエの結界も解除したし、アウラのアゼリューゼも解除したし、こういうの得意みたいですね。色々な魔法を収集しているのが役に立っているのでしょうか。

Posted by ブクログ

2023/05/08
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 魂の眠る地・オレオールへと旅する、勇者一行にいた魔法使い・フリーレン。七崩賢・マハトの“人を知る”過去の中に、人類と魔族の特異な関係性が存在した。物語は、色彩を失った黄金へと融けてゆく。英雄たちの“悪意”を反射する後日譚(アフター)ファンタジー! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted by ブクログ

2023/04/22

過去が在って今が在る。そのような繋がりや構図を盛んに描いてきた本作。それは基本的に勇者パーティーの一人であったフリーレンを介しての形が多かった けれど、今巻はマハトへの勝算を見出す為の過去探訪であるから異色且つ長きに亘る過去回想となっているね これまでも幾度かに亘って描かれてき...

過去が在って今が在る。そのような繋がりや構図を盛んに描いてきた本作。それは基本的に勇者パーティーの一人であったフリーレンを介しての形が多かった けれど、今巻はマハトへの勝算を見出す為の過去探訪であるから異色且つ長きに亘る過去回想となっているね これまでも幾度かに亘って描かれてきた魔族の異質さ。今回はそれに付き合える人間が現れた事で魔族の異質さはそのままにマハトの性質が幾らか見えた気がするよ 悪意を知る為に人を殺し彷徨い続けるマハト。そこに在るのは人や魔族を理解したいという純粋な感情。けれど行動が限りなく邪悪だから彼はどうしたって人と異なる存在 そんなマハトの疑問に付き合ったのが一人の人間と一人の魔族か ソリテールはマハトと同じように人間と隔絶した存在。けれど知を求める為に様々を研究し考察する彼女だからこそマハトに告げられた言葉があった。でもソリテールの言葉はマハトに答えを与えるものではない マハトが求めているのは言葉で理解できる何かではなく、実感で理解できる何か そうして彼が次の段階として選んだのは人間との密約ですか それにしてもグリュックは人の道から外れているね。だからこそ人と全く異なる価値観を持つマハトを理解できたのだろうけど グリュックとマハトによる歪な筈なのに安定して続く関係は他者にとってどう見るのが正しいか迷わせるもの グリュックに仕えるマハトは忠実な下僕であるように見える。けれど魔族の本質を考えれば彼がいつグリュックを殺したって可怪しくない危うい関係にも見える 実態として、マハトは幾らでも時間が有るからこのような遊戯に耽ることが出来、グリュックはいつ殺されても構わない心情だったのだろうけど 歪であっても何十年も続けばそれは掛け替えのない時間だったという事になる。だからこそ、マハトはその最高の瞬間に全てをぶち壊して、そこから得られる何かを体得しようとしたのか そんな判断をするマハトが異様なら、平然と受け容れるグリュックも異様。他者には理解できない二人の価値観、故に二人の尊さが垣間見えてしまう マハトの過去を見たフリーレンの解説を待つ事なく始まるのは大魔族との闘争。フリーレンが戦力にならないなら、未熟な部分の有るフェルンとシュタルクで戦うしか無いが、敵う相手ではない 決して折れずに一矢報いてみせたのは流石だけど、それ以上にならなかったのはやはり実力の問題か 仲間が倒れ行く中で唯一生き残ったフリーレン。彼女はこの逆境をどのように打ち破るのだろうか? それにしても、シュラハトが未来のフリーレンに南の勇者との戦いを見せなかったのは何故だろう?観察によって魔族の魔法を打ち破れるフリーレンがこの戦いを知らない事によって、今後の魔族に復権の機会があるということなのだろうか?

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品