1,800円以上の注文で送料無料

海街diary(3) の商品レビュー

4.5

108件のお客様レビュー

  1. 5つ

    51

  2. 4つ

    33

  3. 3つ

    8

  4. 2つ

    0

  5. 1つ

    0

レビューを投稿

2022/10/10
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

何を怒るのか 何を怒らないのか 流すところは流して 進むところは進む 嫌い 好き 言葉にできることから始まるけど 言葉にする前に 一緒に過ごして 過ごした時間を重ねて いつの間にか一年間 描いてくれた場面以外にも いろんな時間を重ねていたのだろうね 見える部分から 見えない部分を想像する 少しだけタイミングが違えば どうなったのか 少しだけ想像するとき

Posted byブクログ

2022/08/26

すずちゃん中心の話は一旦落ち着き、長女の恋愛話。 話の中で姉妹たちが行く鎌倉のいろんな名所を地図で確かめたいと思い(3巻まできてようやく)、まずは光明寺を。材木座にあった。行ってみたい。

Posted byブクログ

2021/08/15

4人の姉妹を設定することで、それぞれの物語を並行して走らせ、かつ絡み合いながらということに成功している。巧みである。一部映画化にも盛り込まれたエピソードがあった。この巻では、長女・幸の問題が一段落するところが描かれていた。先が読みたいが、まずは映画版を再度見ておきたいと思う。

Posted byブクログ

2021/04/23

 3人姉妹と、昔に離婚した父親の母親違いの子供の4姉妹の物語。焦点を個々に当てることで、ここまで瑞々しく新鮮に見える景色があることに驚く。さすが。

Posted byブクログ

2021/04/13
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

すずが鎌倉に来て1年。かたくなだったすずが少しづつ心を開いてきて、本音が出せるようになってきた。幸と喧嘩したり、裸で扇風機に涼んだり。でも、カーテンは使えない。 幸や佳乃にも新しい出会いがあったような、ないような。

Posted byブクログ

2020/11/16

お父さんの一周忌。あれから1年が経ったんだな。すずは少しは中学生らしくなれただろうか。花火にまつわるエトセトラ。それぞれの想い。 鎌倉の坂ってすごいんだ・・生活圏内にあったら大変そう(- -;)

Posted byブクログ

2020/09/13
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

気になるのは。。 和樹の行末。 あの街で、彼はどんな暮らしをし、どんな成長をするのだろうか。。。 家族を持つことができたすず。 家族から話された和樹。 すごくそれが気になっている。

Posted byブクログ

2020/02/09

お父さんの一周忌 花火大会 幸の恋の行方 辛いことや悲しいことに向き合いながら生きていく。 元気をもらえる。そんなストーリー

Posted byブクログ

2019/05/31

すずが香田家三姉妹と鎌倉で暮らすようになってから1年。すずの中で止まっていた時計がまた動き出してほんとうに良かった。 恋の終わりと、そして始まりの予感がいろいろ…。 由緒ある鎌倉の町が生み出す人情とか情緒、良いなぁ。

Posted byブクログ

2019/01/10

人格的完成と大人であることは等しくないことを踏まえて この作品は大人だ 人間の成長することのひとつの達成か

Posted byブクログ