1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • 講談社

ブルーピリオド(15) アフタヌーンKC

山口つばさ(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥759

獲得ポイント6P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2023/11/22
JAN 9784065335710

ブルーピリオド(15)

¥759

商品レビュー

4.2

14件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/01/31
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

いや結局殺されてなかったんかい! サスペンスかと思いきや事故やん。 そんで桃ちゃんが平然としてる(ように見える)のって、女だからなのもあるのかしら…って勘ぐっちゃう。 こういう精神的な負荷って男の人の方が耐久性浅い感じ。モロ偏見ですけど。 そんで誰かの感想で、八雲が真田に惚れてる、ってあって えっ?そんな描写あった?と驚いていたが、その通りかもしれん。 んー、いつも甘々な分かりやすいものしか触れていない弊害がここに出とる… そんで芸術の世界は意外と狭いことがおもろかった。 あ、蟹江さん嫌なキャラだと思ってたけど、ちゃんと考えが通ってる人で、それはそれで大人だなーと思った。確かに、八雲子どもかも。

Posted by ブクログ

2024/01/27
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

62~65筆目 夏休み編がやっと終結。 「当事者だからってその出来事が同じように見えているわけじゃない」 「なんで立ち直らなくちゃいけないの。その悲しみを一生背負って生きてもいいんじゃないの」 これ両方とも世田介くんの言ったことだけど、この人ちょいちょいええこと言うな。 1つめは悲しみから立ち直ってない八雲さんが事実を誤認していたことをふまえて八虎くんに言ったこと。 2つめは八雲さんに対して言ったことだけど、悲しみを引きずっている人に対してたいていは「早く立ち直れ」だの「立ち直ることが悪いことではない」というけれど、立ち直らないで生きていくことも肯定するのもアリかな、と思わされました。 巻末の学園祭の話はめっちゃ好き。懐かしい人も出てきたしまさかのつながりが。ユカちゃん登場がうれしい!てかマキちゃん、ユカちゃんのフォロワーかいっ。 私もですが(リアルで)。

Posted by ブクログ

2024/01/10
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

【あらすじ】 高2で絵を描くことの楽しさに目覚め。猛烈な努力の末に東京藝大に合格した矢口八虎。藝大2年目の夏のある日、八虎は、「公募展」なるものを知り、年上の同級生・八雲と鉢呂が、その作品制作のために彼等の故郷・広島へ帰省するのに誘われる。賞金や展示など授業や課題とは一線を画す作品作りの世界を意識した八虎は、夏休みを広島で過ごすことになった。作品制作に励む一方、八雲や鉢呂、藝大の同級生・桃代たちと過ごすうちに、彼らの古い友人だった真田という藝大生の存在を知る。彼女こそは八雲や鉢呂や桃代にアートへ向かう強力な動機を植え付けた若き芸術家だった…!「新入生」の時期は終わり、大人へのステップが始まる。新しい出会い、新しい課題、美術との関わり方、八虎の人生も新しい局面へ。アートの歴史や可能性を詳細に活写、美大に進学した青年たちの情熱や奮闘を描く、今までになかった美術系青春漫画、早くも最新刊登場!! ・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆ 感想は最終巻にまとめて記載予定です。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品