1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • 小学館

葬送のフリーレン(VOL.11) サンデーC

アベツカサ(著者), 山田鐘人(原作)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥649

獲得ポイント5P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 小学館
発売年月日 2023/09/15
JAN 9784098527694

葬送のフリーレン(VOL.11)

¥649

商品レビュー

4.7

24件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/20

第11巻。この巻で、黄金郷のマハト篇が終了。 支配の石環がキーかと思っていましたが、そんな事はありませんでしたね。マハト篇は爺ちゃん(デンケン)大活躍でした。デンケン篇と言っても良いくらい。良いお話しでした。 後半は短編が続き、最後に勇者一行が出てきましたよ。次巻はどうなるのでし...

第11巻。この巻で、黄金郷のマハト篇が終了。 支配の石環がキーかと思っていましたが、そんな事はありませんでしたね。マハト篇は爺ちゃん(デンケン)大活躍でした。デンケン篇と言っても良いくらい。良いお話しでした。 後半は短編が続き、最後に勇者一行が出てきましたよ。次巻はどうなるのでしょうか。早く読もう。

Posted by ブクログ

2023/12/27

何年か前の無料全話読みを読んだときから買うか悩んでたけど、アニメ化になってまた何話か無料を読んで、やはり買おうと大人買いで全巻買った。毎回、毎回、同じとこで泣くんだからもう買うしかない。布教のために紙で購入。何か言葉があるとか場面があるとかじゃなくて、なんてことのない会話や楽しそ...

何年か前の無料全話読みを読んだときから買うか悩んでたけど、アニメ化になってまた何話か無料を読んで、やはり買おうと大人買いで全巻買った。毎回、毎回、同じとこで泣くんだからもう買うしかない。布教のために紙で購入。何か言葉があるとか場面があるとかじゃなくて、なんてことのない会話や楽しそうな雰囲気が後から刺さって泣けてくる。演出というか話の構図に感心してしまう。 ああ、本当にもう、なんでヒンメルとフリーレン付き合ってないの??シュタルクとフェルン、早く付き合っちゃえよ!!

Posted by ブクログ

2023/12/26
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

魔王が倒されてから始まるアフターファンタジー。 主人公は悠久の時を生きるエルフであり、人間と共に旅を続け、時には魔族との指導も繰り広げる。 でも流れる時間はどこかゆっくりで、読後感はゆったりした気分になる。そんな不思議な漫画。 巻数を増すごとにフリーレンの表情が豊かになり、相手を慮る描写が増えていく。 勇者ヒンメルや人との出会いがどれだけフリーレンを変えているか分かって嬉しくなる。 個人的には黄金郷のマハトが1番好き。 魔族でありながら人間を理解しようとし、「罪悪感」や「悪意」といった人間ならではの感情を理解したいがために人間を殺める。 ヴァイゼの領主を利用するが、そこには確実に絆や友情があったことが分かる。領主はマハトのことを理解していたが、マハトを人間のことを最後まで理解できなかったまま散っていく。切ないけど綺麗な最後だった。 今後マハトを超えるエピソードが出てくるか楽しみにしておきたい。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品