1,800円以上の注文で送料無料

母の待つ里
  • 新品
  • 書籍
  • 書籍

母の待つ里

浅田次郎(著者)

追加する に追加する

母の待つ里

¥1,760

獲得ポイント16P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 新潮社
発売年月日 2022/01/26
JAN 9784104394067

母の待つ里

¥1,760

商品レビュー

3.9

71件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/02/09

私には分からない。 母でもない人に、しかも一泊二日で母として慕う状況になるのか? 言いたいことと書いてあることにギャップが大きすぎる。設定に無理があって、読んでて何か気持ち悪い。

Posted by ブクログ

2023/12/29

人の優しさが沁みます。 次郎兄ィの話は、本当に深くて、「事実は小説より奇なり」と言われる、その事実の如く、単なる小説ではないように、生命(こころ)に響きます。 終盤は本当に哀しい話で、その哀しさを受け止めて糧として、生き続けたちよさんの想いを継いで、三人と一組の夫婦の義兄弟妹が、...

人の優しさが沁みます。 次郎兄ィの話は、本当に深くて、「事実は小説より奇なり」と言われる、その事実の如く、単なる小説ではないように、生命(こころ)に響きます。 終盤は本当に哀しい話で、その哀しさを受け止めて糧として、生き続けたちよさんの想いを継いで、三人と一組の夫婦の義兄弟妹が、古里で暮らしている話も、読んでみたいです。 読後感が切ないけれども充たされた想いもあり、ドラマ化を信じてます。 ありがとうございます✨

Posted by ブクログ

2023/12/25
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

過去に母親を亡くした3人が故郷への原点回帰と母親への感慨を深くするストーリー。プレミアムクラブの会員という共通項を持つ都会暮らしの3人:松永徹(大企業の社長・独身)、室田精一(定年後妻に別れを切り出されてしまう1人身)、古賀夏生(大学准教授後に勤務医の独身女性)。会員特典として、架空の設定で1泊2日、50万円で優しい母親付きの田舎暮らしを体験した。架空の母親と過ごすことで本当の母親への想いが強くなり感謝や贖罪の念を示し、また3人は「母待つ里」への憧れを抱いた。母親へのカタルシスとともに切ない話しだった。⑤

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品