1,800円以上の注文で送料無料

ホモ・デウス(下) テクノロジーとサピエンスの未来 河出文庫
  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

ホモ・デウス(下) テクノロジーとサピエンスの未来 河出文庫

ユヴァル・ノア・ハラリ(著者), 柴田裕之(訳者)

追加する に追加する

ホモ・デウス(下) テクノロジーとサピエンスの未来 河出文庫

定価 ¥990

935 定価より55円(5%)おトク

獲得ポイント8P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

7/21(日)~7/26(金)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 河出書房新社
発売年月日 2022/09/14
JAN 9784309467597

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

7/21(日)~7/26(金)

ホモ・デウス(下)

¥935

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.9

22件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/05/02

生物はアルゴリズムで、コンピューターがいずれ私より私自身をよく知るようになるので個人主義は崩壊する。きわめてあり得そうな筋書きだ。自分自身をうまくコントロールできなくて困っているひとはたくさんいる。 上巻と読む期間が空いたため全体を捉えられていない。また読み返したい。

Posted by ブクログ

2024/04/08

データ、データ、データ。 確かにそうだなーと。 私たちは単なるアルゴリズムだと言われると、そんな気もする。 私はアップデート出来る気がしない、、、

Posted by ブクログ

2024/02/05

サピエンスの歴史をベースに未来の可能性を示唆。脳科学や生物学の動向を語りながら、それはアリゴリズムに過ぎないことを説く。とはいえ、それを結論としているわけではなく、意識研究が進めば違う未来も見えてくる可能性は残す。 様々な快楽も所詮脳の電気反応に過ぎず、だとすればさらなる刺激を求...

サピエンスの歴史をベースに未来の可能性を示唆。脳科学や生物学の動向を語りながら、それはアリゴリズムに過ぎないことを説く。とはいえ、それを結論としているわけではなく、意識研究が進めば違う未来も見えてくる可能性は残す。 様々な快楽も所詮脳の電気反応に過ぎず、だとすればさらなる刺激を求め続けるだけという、人間の退屈さのベースとなるものも垣間見えて納得。 歴史は漸進的に進むように思っていたが、データー教は確かに急速に進んでいて、自分の身の回りだってこの10年20年で大きく変わってきた。長い歴史の中の人一人の人生での変化はたいそうなものでなくともあと何十年かの未来から振り返ればたいそうなものになっているのだろう。 サピエンス全史とこのホモ・デウスと客観的な理論をベースに語られていて非常に面白く読んだ。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品