1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 書籍
  • 児童書

おめん 怪談えほん

夢枕獏(著者), 東雅夫(編者), 辻川奈美(絵)

定価 ¥1,650

¥990 定価より660円(40%)おトク

獲得ポイント9P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 岩崎書店
発売年月日 2021/05/19
JAN 9784265079643

おめん

¥990

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.4

10件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/09/25
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

怪談えほん3シリーズめの4冊のうちの1作。 これまた挿絵が個性的。昭和というか、中国とか台湾のアジア感もあり。 コロナでのマスクではないけれど、 オチ、自分ひとりではないのならばそれがもう当たり前になりそうだけれど。 それとも仲間にしか分からないのか、はたまた本人以外には通常の顔にみえているのか。。 つい、こうなればいいのに、と思ってしまうのは誰しも経験があるだろうなぁ。。

Posted by ブクログ

2023/08/26
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

ホラーというよりは正しく人間の闇についてを描いた作品で底しれぬ強さを感じる絵本でした。 他人を恨んだり、憎んだり、妬んだり……そういう感情がまったくない場合や、他人に対して思わない人は読んでも怖くないと思います。 ただ、一度でもそういった負の感情をもった人には絶妙に来る内容でした。 主人公は人を呪えるおめんを被って、なんでもできるきれいな子の顔が醜くなることを願ったり、嫌いないじめっ子の足が折れることを願い、見事に叶えます。 しかし人を呪わば穴二つ。 みんなの不幸を願っているうちに顔からおめんが取れなくなってしまうのです。取ろうとすれば顔の肉が千切れそうな痛みを感じ、主人公は「ごめんない、良い子になるから取れて」と願い、なんとかおめんは取れます。 その代わりに主人公の顔はおめんと同じ顔になってしまいました――という絵本です。 ラストのページは、まさしく「こっちみんな」という感じでおめんをつけた人が読者を見てきて不気味でした。

Posted by ブクログ

2022/10/23
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

図書館の面陳コーナーに置かれている本の中、夢枕獏さんの絵本ってのが気になって。 怪談絵本の名のとおり、ただただ怖い。 なんとなく昭和を想起させるレトロな質感の絵と共に語られる恨み、悪意を現実にする”おめん”を巡る恐怖。 負の道具をちょっとした出来心で使ってしまうことで受ける報いをど直球で描いており、子ども向けではないかなと思いつつ、小学校低学年くらいになると”怪談”にも興味が出てくるものなのかなという気付きもありつつ。 なかなか絵本にはない読後感。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品