1,800円以上の注文で送料無料

いつだって僕らの恋は10センチだった。 角川つばさ文庫
  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 児童書

いつだって僕らの恋は10センチだった。 角川つばさ文庫

香坂茉里(著者), HoneyWorks, モゲラッタ, ろこる, 「僕10」製作委員会

追加する に追加する

いつだって僕らの恋は10センチだった。 角川つばさ文庫

定価 ¥836

220 定価より616円(73%)おトク

獲得ポイント2P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

7/25(木)~7/30(火)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 KADOKAWA
発売年月日 2018/01/15
JAN 9784046317599

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

7/25(木)~7/30(火)

いつだって僕らの恋は10センチだった。

¥220

商品レビュー

3

3件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/05/28

「「春輝くんって、好きな人とかいる?」「……うん、いるよ」わたし・美桜は、映画研究部の春輝くんと毎日いっしょに帰る仲。でも、なかなか自信がもてなくて、春輝くんには気持ちをうち明けられないまま――。春輝くんの手と、わたしの手。少しだけ勇気を出せば届くキョリなのに、その10センチが縮...

「「春輝くんって、好きな人とかいる?」「……うん、いるよ」わたし・美桜は、映画研究部の春輝くんと毎日いっしょに帰る仲。でも、なかなか自信がもてなくて、春輝くんには気持ちをうち明けられないまま――。春輝くんの手と、わたしの手。少しだけ勇気を出せば届くキョリなのに、その10センチが縮まらない――。片おもいの切なさと一歩ふみだす勇気を描いたHoneyWorksの胸きゅんTVアニメが小説になって登場!」 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 私は、角川つばさ文庫が正直苦手である。キラキラしていて、擬音語多くて・・。 でも、今の子ども達、小学生たち、が実際に「おもしろい」「感動した」「好き」と言っている本が、ある。娘たちも夢中で読んでいる角川つばさ文庫がある。 そこで、「子どもがハマった児童書」について、知りたいと思い勉強している。 大人が子どもに「読んでほしい」本と、子どもが「今読みたい!」本は、違う。惹かれる絵柄も、読みやすい言葉も、違う。 ・大人が子どもに「読んでほしい」本は、家の本棚に置く。読み聞かせする。大人が読んでいるところを子どもに見せる。良い本を紹介してくれるイベントや児童書に詳しい本屋に行く。そうやって、常に子どもの視界に入るようにしておくとよい。 その上で、 ・子どもたちがスキマ時間に、朝読書に、友達との会話に、力を抜いて読書を楽しみたいときに、「気軽に持ち歩いていつでもどこでもガンガン読める本」というものが、必要。私の小学生の娘たちには今、必要。友達が読んでいる本や、今話題の本、アニメなどのノベライズ本、小学生にはちょっと大人な恋の話や友情の話、自分と同い年の子が主人公の話、学校や日常を描いた共感できる話が、読みたいのだ。 そこで、”子どもが「おすすめ!」「おもしろい!」と言っている本”は何か、 何をどう「おもしろい!」と感じているのかを、母として、図書館員として、知りたいと思っている。

Posted by ブクログ

2024/04/04

人生で、たった1回しかない高3。長いようで短い1年。限りのある1年。 明智先生と春輝くんの話が好き。好きな人いる?って聞いた時、誰?って聞き返して欲しかった。恋の色が金色なんて、すごい発想だなと思った。春輝くんと美桜ちゃんの関係が深いなと思った。すれ違っていく恋がなんだか、惜しく...

人生で、たった1回しかない高3。長いようで短い1年。限りのある1年。 明智先生と春輝くんの話が好き。好きな人いる?って聞いた時、誰?って聞き返して欲しかった。恋の色が金色なんて、すごい発想だなと思った。春輝くんと美桜ちゃんの関係が深いなと思った。すれ違っていく恋がなんだか、惜しくて切なくなった。アメリカ留学と美桜ちゃん、どちらをとるのかすごい難しい問題だなと思った。明智先生の飴を貰いたい。やっと好きとお互いが言えて良かった。

Posted by ブクログ

2021/08/26

人生で、たった1回しかない高3。長いようで短い1年。限りのある1年。 明智先生と春輝くんの話が好き。 好きな人いる?って聞いた時、誰?って聞いて欲しかった……。恋の色が金色なんて、すごい発想だなぁと思った。春輝くんと美桜ちゃんの関係が深いと思った。すれ違っていく恋がなんだか、惜し...

人生で、たった1回しかない高3。長いようで短い1年。限りのある1年。 明智先生と春輝くんの話が好き。 好きな人いる?って聞いた時、誰?って聞いて欲しかった……。恋の色が金色なんて、すごい発想だなぁと思った。春輝くんと美桜ちゃんの関係が深いと思った。すれ違っていく恋がなんだか、惜しくて切なかった。アメリカ留学と美桜ちゃんどちらをとるのかすごく迷っただろうと思った。走っている春輝くんかっこいい〜!明智先生から、飴貰いたい〜!やっと好きとお互い言えて良かった〜

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品