1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • コミック
  • 集英社

暗殺教室(20) ジャンプC

松井優征(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥484

¥220 定価より264円(54%)おトク

獲得ポイント2P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/17(水)~4/22(月)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 集英社
発売年月日 2016/06/03
JAN 9784088806860

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/17(水)~4/22(月)

暗殺教室(20)

¥220

商品レビュー

4.6

26件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/01/15
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

事実上最後の暗殺教室…… こんなにも涙を誘われてウルっときてしまうラストもなかなかないよ。かつて渚たちが目を感じた先生最大の弱点は「生徒」。これまでもずっとそうだった。でも生徒の存在があるから殺せんせーは「先生」でいられた。かつて大事な人を救えず、一番失敗をしてきた殺せんせーがその失敗を糧に生徒を救う。生徒であり暗殺者と先生だけどターゲットという異質な関係性が彼らの道しるべとなる。バイバイ、殺せんせー。 暗殺教室卒業おめでとう。

Posted by ブクログ

2022/11/29
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

話数と題をメモ。 第170話 次世代の時間 第171話 ラスボスの時間 第172話 生徒の時間 第173話 私の生徒の時間 第174話 顔色の時間 第175話 戻らない時間 第176話 やってきた時間 第177話 卒業の時間

Posted by ブクログ

2021/03/08
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

二代目死神も巻き込まれてしまった1人だよなと感じる。 殺せんせーの最期の時の殺したくないけど殺したいというのは今までの流れを追うと非常に理解出来るものがある。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品