1,800円以上の注文で送料無料

修羅の門 第弐門(17) マガジンKC
  • 中古
  • コミック
  • 講談社

修羅の門 第弐門(17) マガジンKC

川原正敏(著者)

追加する に追加する

修羅の門 第弐門(17) マガジンKC

定価 ¥492

330 定価より162円(32%)おトク

獲得ポイント3P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2015/07/17
JAN 9784063714760

修羅の門 第弐門(17)

¥330

商品レビュー

3.8

4件のお客様レビュー

レビューを投稿

2018/10/14

そうだよね。最後は海堂晃だよね。でも、『その後』の片山右京が見られてとてもうれしかったのだ。そして、海堂晃がラスボスであることを証明して終わり。次巻でとうとう最後なのか。

Posted by ブクログ

2015/08/09

次回でおわる。 その前の静かなる始まり。 海堂 対 九十九。 終わるのか。「修羅の門」。 終わったら「修羅の刻」を読み返したくなりそう。

Posted by ブクログ

2015/07/22

前巻でさらりと出された種馬発言。 そんなことをかるーくいっちゃうあたり、第弐門の登場人物はみんな狂言回しなんですね。 種馬と、自分を卑下するかに言うのは、色で言えば白い、と評されるからなんでしょう。それを自分自身が確信しているからでしょうね。北斗やケンシン・マエダの黒を見ている...

前巻でさらりと出された種馬発言。 そんなことをかるーくいっちゃうあたり、第弐門の登場人物はみんな狂言回しなんですね。 種馬と、自分を卑下するかに言うのは、色で言えば白い、と評されるからなんでしょう。それを自分自身が確信しているからでしょうね。北斗やケンシン・マエダの黒を見ているからか。 種馬・仔馬の贅沢なアップを見た後に、海堂と片山右京のこれまた贅沢なアップ。アップのつもりが、熱入って芯入っての、挑戦権獲得試合へ。 その勝者と、九十九が戦います。 やっと、この時が来ました。 待ってました。待ち焦がれました。 この戦いのための「第弐門」。 新たな門が、また開きます。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品