1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 書籍
  • 文庫

下ネタという概念が存在しない退屈な世界(7) ガガガ文庫

赤城大空(著者), 霜月えいと

追加する に追加する

定価 ¥652

¥220 定価より432円(66%)おトク

獲得ポイント2P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 小学館
発売年月日 2014/09/01
JAN 9784094515114

下ネタという概念が存在しない退屈な世界(7)

¥220

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.5

3件のお客様レビュー

レビューを投稿

2022/11/13

少し前の巻はマニアックすぎだと思ったけれど、今巻はシンプルな掛け合い漫才の面白さが復活した。 今巻のポイント、大きく分裂した組織の行く末とアンナに現れた異変ってとこかな。 この作品の終着点はどこなんだ?w

Posted by ブクログ

2017/01/24
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

これは、サイキック・ホラーだ。ストーカー型面倒な女の、歯止めのなさが大炸裂。◇一方、純情自己完結型面倒な女も健在。◇芸術のみに史上の価値を置く、面倒な女。対決には公平さ、同じ土俵で、と考えすぎの体育会系面倒な女。科学の観察に至高の悦びを見出す、マッド・サイエンティスト面倒な女。何れも自己欲求の貫徹に余念がない。◇全くお腹いっぱいである。

Posted by ブクログ

2014/09/29

今回も安定と安心の下ネタ無双。綾女があまり出てこなかった感があるのに下ネタはいつものとおり全力全壊でした。表紙はそういうシーンだったのか…読んでみて分かる表紙(&扉絵)の恐怖(笑)狸吉と綾女はこんな作品でも(←失礼)何気にラブしちゃってる気がした。まあ綾女超めんどくさいけど(苦笑...

今回も安定と安心の下ネタ無双。綾女があまり出てこなかった感があるのに下ネタはいつものとおり全力全壊でした。表紙はそういうシーンだったのか…読んでみて分かる表紙(&扉絵)の恐怖(笑)狸吉と綾女はこんな作品でも(←失礼)何気にラブしちゃってる気がした。まあ綾女超めんどくさいけど(苦笑)そんな流れどこ吹く風、というか今回も何よりもインパクトを残したアンナ・ザ・ビースト先輩。狸吉の追われてる描写とかどこのホラー映画だよ(笑)ラストの引きも含めてまだまだアンナ先輩のご活躍は続きそうですね(ニッコリ)

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品