1,800円以上の注文で送料無料

花×華(2) 電撃文庫
  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

花×華(2) 電撃文庫

岩田洋季【著】

追加する に追加する

花×華(2) 電撃文庫

定価 ¥627

220 定価より407円(64%)おトク

獲得ポイント2P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

7/30(火)~8/4(日)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 アスキー・メディアワークス/角川グループパブリッシング
発売年月日 2010/09/09
JAN 9784048687683

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

7/30(火)~8/4(日)

花×華(2)

¥220

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.7

3件のお客様レビュー

レビューを投稿

2010/09/29

少しだけ天性の“開花”を感じさせた花

表紙に反して華の挿絵が少なくて、ちょっぴり残念に思う諸兄がいるかもしれないが、その分、花が頑張っている。口絵の水着が少し緩んでいるにも訳がある花の演技に天性とも言える素質と、その開花の予兆を忍ばせた第2巻である。前巻に比べると少しだけおバカさんというかおとぼけさんなノリが加わった...

表紙に反して華の挿絵が少なくて、ちょっぴり残念に思う諸兄がいるかもしれないが、その分、花が頑張っている。口絵の水着が少し緩んでいるにも訳がある花の演技に天性とも言える素質と、その開花の予兆を忍ばせた第2巻である。前巻に比べると少しだけおバカさんというかおとぼけさんなノリが加わったようにも感じられる花だが、ずっと努力を重ねてきた華に対し、僅かな期間で追いつきつつある花の存在に脅威と嫉妬を抱く華の心の奥底を、今回の映画の最後のシーンに絡めて垣間見せる秀逸な演出で人間味を持たせつつ、一見すると犬猿の仲でありながら心の奥底では強く結ばれている2人の姿が描かれていた。それも、これを結果的に助長することとなった映画部のヒロイン【鴻池蘭子】の存在があったからであろう。真摯に映画と向き合う真面目っぷりが不器用でもある蘭子と花&華との確執一歩手前な状況から、挑発に乗る形で覚悟を決め、腹の据わった演技で昇華していく中で、最後は言葉でも態度でもなく、その演技で見せるところに表現者同士の壁と理解が描かれていたように思う。物事の背景を見ずに一点でしか捉えていなかった狭量さも感じられた蘭子ではあったが。しかし、演劇のモンスターたる特別な人を指しながら、刹那に花開いた花の演技をも示した『表現の世界に足を踏み入れるために生まれた人間』という言葉にはなかなかの凄みがあった。 それにしても、夏休み!撮影合宿!露天風呂!といったムフフな状況にお約束な展開も盛り込まれているとはいえ、あれだけ想いをはっきりぶつけてくる2人に対して返答をいつまで保留するのかな、夕クン?と思わずにはいれらない。しかも寝るのも同部屋で2人に挟まれてるなんて許せない!主人公補正かかり過ぎ!と憤慨してしまいそうだが、この思いを撮影に代えて応えることでお互いを高めているようである。何気にいい味を出してきた知佳先輩も面白かったが、次巻以降でのコンクールを審査する特別ゲストが誰なのかも気になった。

DSK

2015/11/05

花と華と夕の三角関係を描きながら、夏合宿で映画を撮っていく話。 コメディ分はヒロインのやきもち描写を用いているのだが、少しくどく感じた。 シリアス分は華の嫉妬や映画部のライバルなど今後の展開が気になる構成でよかった。 三人の関係が動いていないのでラブコメという点では物足りなかった...

花と華と夕の三角関係を描きながら、夏合宿で映画を撮っていく話。 コメディ分はヒロインのやきもち描写を用いているのだが、少しくどく感じた。 シリアス分は華の嫉妬や映画部のライバルなど今後の展開が気になる構成でよかった。 三人の関係が動いていないのでラブコメという点では物足りなかった感がある。

Posted by ブクログ

2012/05/16

ラブコメなんだけどわりと真面目に部活動の映画撮影をやっていてもの凄くリアルな人間ドラマが繰り広げられていて物語に惹き込まれる。なかなか重厚なストーリーです。 恋愛要素はイチャイチャニヤニヤって感じで微笑ましい。 花が一歩リードかな?でも最終的には華っぽい?

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品