1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 書籍

葡萄酒か、さもなくば銃弾を

手嶋龍一【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥1,870

¥110 定価より1,760円(94%)おトク

獲得ポイント1P

在庫わずか ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/18(木)~4/23(火)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2008/04/26
JAN 9784062146746

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/18(木)~4/23(火)

葡萄酒か、さもなくば銃弾を

¥110

在庫わずか
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.8

10件のお客様レビュー

レビューを投稿

2021/05/08

物事の本質を見極めること(がインテリジェンスかと思ってますが)の難しさも去ることながら、その扱いに対する緊張感が政治は半端ない。 判断は正しくても破滅する(下手すると暗殺される)とか、つくづく政治は生き物だと思う。 外交の裏話が面白かったです。「国のために誠心誠意嘘をつく」とか...

物事の本質を見極めること(がインテリジェンスかと思ってますが)の難しさも去ることながら、その扱いに対する緊張感が政治は半端ない。 判断は正しくても破滅する(下手すると暗殺される)とか、つくづく政治は生き物だと思う。 外交の裏話が面白かったです。「国のために誠心誠意嘘をつく」とか、相当の覚悟がないとできない。 墓場まで持っていく、表に出てこない政治判断っていっぱいあるんだろうし。滅私の外交官とかすごいなぁ。

Posted by ブクログ

2014/10/27

[ 内容 ] 「日本初のインテリジェンス作家」が放つ、渾身の人物ルポルタージュ。 甘美なる晩餐、その背後に蠢く鮮血の代償。 ケネディ、レーガン、そしてオバマ…「政治のなかの死」を予感しながらもなお権力の聖杯に手をのばす29人の物語。 [ 目次 ] プロローグ 二人の晩餐 1 遥...

[ 内容 ] 「日本初のインテリジェンス作家」が放つ、渾身の人物ルポルタージュ。 甘美なる晩餐、その背後に蠢く鮮血の代償。 ケネディ、レーガン、そしてオバマ…「政治のなかの死」を予感しながらもなお権力の聖杯に手をのばす29人の物語。 [ 目次 ] プロローグ 二人の晩餐 1 遥かなりホワイトハウス 2 政治のなかの生と死 3 姿なき交渉者たち 4 外交という戦場 5 日米同盟の光と影 6 超大国に抗いし者 エピローグ 月下美人―若泉敬 [ 問題提起 ] [ 結論 ] [ コメント ] [ 読了した日 ]

Posted by ブクログ

2013/01/04

洒落たタイトル(英語)と装丁、中身は軽い政治エッセイ。著者にサインまでしてもらったけど。。。 最近の手嶋さんは、ちょっと情報と仕事の質が落ちたかなあ。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品