1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

沙漠の国の物語 風はさらう ルルル文庫

倉吹ともえ【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥523

¥220 定価より303円(57%)おトク

獲得ポイント2P

在庫わずか ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

5/25(土)~5/30(木)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 小学館
発売年月日 2007/11/06
JAN 9784094520316

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

5/25(土)~5/30(木)

沙漠の国の物語 風はさらう

¥220

在庫わずか
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

4.3

4件のお客様レビュー

レビューを投稿

2010/08/01

砂漠2巻。砂漠の荒涼とした世界観の中に、 シムシムの緑が覆って行く、そんな物語を想像するだけで楽しい。

Posted by ブクログ

2010/05/30

デビュー作『沙漠の国の物語-楽園の種子』の続編。 「シムシムの使者」としてたった一つ実ったシムシムの種子を"砂嵐の町" タラスファルに託したラビサは、園丁見習いとして再びこの町を訪れる。 解放された故郷の復興に忙しい毎日を送るジゼットと、自分がすべきことが...

デビュー作『沙漠の国の物語-楽園の種子』の続編。 「シムシムの使者」としてたった一つ実ったシムシムの種子を"砂嵐の町" タラスファルに託したラビサは、園丁見習いとして再びこの町を訪れる。 解放された故郷の復興に忙しい毎日を送るジゼットと、自分がすべきことが何なのか見えずに焦るラビサが、すれ違いながらもだんだん惹かれていく様子がとても爽やかな物語。お互い気になっているのに、本人たちより周りの方が気付いているというのはお約束だけど、ニヤニヤしてしまいますね。 そんな微笑ましい二人とは裏腹に、取り巻く現実は過酷なもので。 砂嵐旅団の魔の手がラビサに迫りイフリートの力で何とか難を逃れたものの、旅芸人の一座に拾われ奴隷にされたり、奴隷商人によって売り飛ばされそうになったり。ジゼットの機転で助かったものの、砂嵐旅団頭領のカヤルに捕らわれてしまったり。状況の変化がとにかくめまぐるしい。 ジゼットは兄と慕っていた砂嵐旅団の頭領カヤルと決着をつける。 カヤルの闇はジゼットの闇よりもなお深くて。自分の孤独を、他者を憎むことでしか隠すことができなかった、彼の存在自体が歴史が生み出してしまった罪なのだろうと思う。 ジゼットが過去と戦っている間、ラビサは、自分が使者の旅でもたらした世界の変化の波の一端を見ることになる。少女らしい潔癖さと素直な言葉は、周りの大人をも動かし歴史の大きな転換を迎える。 光が大きければ影もまた大きい。新たな火種の存在が明らかになるなど、沙漠の世界はまだまだきな臭いけれど、そこは次のお話ということで。 ゆっくりとお互いを意識し始めたラビサとジゼットの大切な「約束」 もう二人から目が離せません!

Posted by ブクログ

2009/02/08

『沙漠の国の物語』第2巻。 故郷を思う気持ちは同じ…いや、誰よりも強かったかもしれないのに、いつからか道を見失ってしまったカヤルが可哀想でならない。 もっと早く“楽園の約束”が起こっていたなら、カヤルにも安らかな日々が戻ったかもしれないのに…。 前文とは全く関係無いが、ラビザが...

『沙漠の国の物語』第2巻。 故郷を思う気持ちは同じ…いや、誰よりも強かったかもしれないのに、いつからか道を見失ってしまったカヤルが可哀想でならない。 もっと早く“楽園の約束”が起こっていたなら、カヤルにも安らかな日々が戻ったかもしれないのに…。 前文とは全く関係無いが、ラビザが踊りを踊っている挿絵がとても笑えたw

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品