1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 児童書

刺青・春琴抄 愛と青春の名作集

谷崎潤一郎【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥1,045

¥440 定価より605円(57%)おトク

獲得ポイント4P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/17(水)~4/22(月)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 旺文社
発売年月日 1997/04/10
JAN 9784010660539

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/17(水)~4/22(月)

刺青・春琴抄

¥440

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

5

1件のお客様レビュー

レビューを投稿

2014/08/26

唯美主義の色濃い刺青。美のためなら男を肥やしにしても良いという女、美のためなら嗜虐を厭わない男。2人が絡み合うことで唯美主義は昇華している。しかし、これが春琴抄ではある種自虐的、シニカルに書かれているなぁ。唯美主義と自己愛の顕現たる春琴、ただのワガママアホ女。盲目だからってここま...

唯美主義の色濃い刺青。美のためなら男を肥やしにしても良いという女、美のためなら嗜虐を厭わない男。2人が絡み合うことで唯美主義は昇華している。しかし、これが春琴抄ではある種自虐的、シニカルに書かれているなぁ。唯美主義と自己愛の顕現たる春琴、ただのワガママアホ女。盲目だからってここまで性格歪むなんてアホや。春琴に使える佐助。恋は盲目ってこの作品から生まれたのかな?普通好きな人のためだからって自分の目を刺しますかいな。ここに谷崎潤一郎の心のブレというか、あってしかるべき葛藤が現れていると思う。美を畏怖しながらも、それに過度に傾倒することを潔しとしなかった二面性がいかにも人間臭いじゃないか。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品