1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

世界の中心で、愛をさけぶ 小学館文庫

片山恭一【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥682

¥220 定価より462円(67%)おトク

獲得ポイント2P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

4/19(金)~4/24(水)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 小学館/小学館
発売年月日 2006/07/05
JAN 9784094080971

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

4/19(金)~4/24(水)

世界の中心で、愛をさけぶ

¥220

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.2

101件のお客様レビュー

レビューを投稿

2010/05/28

話はけっこうありがち…

話はけっこうありがちかもしれませんが、恋愛小説の代表作になりました。個人的には映画のオーストラリアが印象に残っていて好きです。

文庫OFF

2010/05/28

この本の中では世界の…

この本の中では世界の中心は「アボリジニの聖域」として示されている。でも直接的に「世界の中心」って言葉は出てこなかったように思うから違うのかな? 映画ドラマ、そして韓国でリメイクと、ほとんどの人が知っている作品になってしまいましたね。

文庫OFF

2010/05/28

もう有名すぎる作品で…

もう有名すぎる作品ですね。誰もが一度は耳にしたことがある作品。映画をみて、原作を読みました。映画ではアキと朔太郎の「テープでのやりとり」が印象的ですが(このやりとりでふたりの距離はどんどん縮んでいったのですが)、原作では交換日記をしているものの、あまりその部分にはふれていないのに...

もう有名すぎる作品ですね。誰もが一度は耳にしたことがある作品。映画をみて、原作を読みました。映画ではアキと朔太郎の「テープでのやりとり」が印象的ですが(このやりとりでふたりの距離はどんどん縮んでいったのですが)、原作では交換日記をしているものの、あまりその部分にはふれていないのにびっくり。いつのまにやら近くにいて付き合った、という感じで私的には映画の方が好きでした。たんたんと語られているので、多少あきる印象はうけました。

文庫OFF

関連商品

最近チェックした商品