1,800円以上の注文で送料無料

荒涼館(1) ちくま文庫
  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

荒涼館(1) ちくま文庫

チャールズディケンズ【著】, 青木雄造, 小池滋【訳】

追加する に追加する

荒涼館(1) ちくま文庫

定価 ¥1,320

605 定価より715円(54%)おトク

獲得ポイント5P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

7/28(日)~8/2(金)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 筑摩書房
発売年月日 1989/02/01
JAN 9784480022974

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

7/28(日)~8/2(金)

荒涼館(1)

¥605

商品レビュー

4

7件のお客様レビュー

レビューを投稿

2018/10/11

ジャーンデス対ジャーンデス事件の裁判は永遠に続きそうな様子である。後見人のジャーンデスに引き取られたエスタ・サマソンは同じく事件の後見人であるエバとリチャードと一緒に荒涼館で暮らし始めた。ジャーンデス叔父さんは優しく、三人に愛情をかける。エスタは館の鍵を全て預かり家政を取り仕切る...

ジャーンデス対ジャーンデス事件の裁判は永遠に続きそうな様子である。後見人のジャーンデスに引き取られたエスタ・サマソンは同じく事件の後見人であるエバとリチャードと一緒に荒涼館で暮らし始めた。ジャーンデス叔父さんは優しく、三人に愛情をかける。エスタは館の鍵を全て預かり家政を取り仕切る役目を果たしている。ジャーンデス対ジャーンデス事件の周りにさまざまの人々が現れ、さまざまな出来事が起こっている。全四巻だから、まだまだこの巻は序章であろう。

Posted by ブクログ

2015/03/07

一体全体どういう話が始まっているのか、さっぱりわからないままに、ずるずる読んでしまう不思議な物語。 当時の上流社会が「善」であり「徳」であり「立派な行為」としていた「慈善事業」に対して「強引な慈善」と言うすばらしい表現を当てはめていたことが印象的。 形式だけの空疎な慈善、つまり偽...

一体全体どういう話が始まっているのか、さっぱりわからないままに、ずるずる読んでしまう不思議な物語。 当時の上流社会が「善」であり「徳」であり「立派な行為」としていた「慈善事業」に対して「強引な慈善」と言うすばらしい表現を当てはめていたことが印象的。 形式だけの空疎な慈善、つまり偽善に対する作者の怒り、不快が繰り返し述べられている。 たぶんこの小説のベースである裁判も、これと同様に形式の上に形式が重ねられた偽善に他ならないのだろうと思われる。 起承転結の早い小説に慣れている読者にはたぶん、読み終えるのが非常にきつい小説ではありそう。

Posted by ブクログ

2013/08/10

130810 中央図書館 ナボコフの「文学講義」を先に読んでしまうと、まるでこの長大な物語を既読したかのような気分になってしまった。また、縁があれば。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品