1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

火車 新潮文庫

宮部みゆき(著者)

定価 ¥1,210

¥495 定価より715円(59%)おトク

獲得ポイント4P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/6(水)~3/11(月)

商品詳細

内容紹介 「模倣犯」「レベル7」などで知られる作家・宮部みゆきの第6回山本周五郎賞受賞作品。休職中の刑事・本間俊介は遠縁の男性に頼まれて、彼の婚約者で失踪した関根彰子という女を捜すことになった。自らの意思で失踪し、さらに徹底的に足取りを消した彼女…彼女に隠された秘密とは・・・?サラリーマン金融やカード破産、現代の社会問題でもあるテーマを取り上げています。
販売会社/発売会社 新潮社
発売年月日 1998/03/09
JAN 9784101369181

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/6(水)~3/11(月)

商品レビュー

4.1

1815件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/11/26

一気読みしたけれど……

一気読みしました??
『次、とうなる?』と、
いう感じで読み進められました。
そういう意味では、おもしろかったかな?
でも、『さわやかな読後感』って感じは
ないかなぁ~
なんとも中途半端な感じがしています。
登場人物も物語の終わりも。

一気読みしました??
『次、とうなる?』と、
いう感じで読み進められました。
そういう意味では、おもしろかったかな?
でも、『さわやかな読後感』って感じは
ないかなぁ~
なんとも中途半端な感じがしています。
登場人物も物語の終わりも。
まあ、それも読み終えたからこその意見なので、そういう意味ではご一読を!
と、いう感じです。

テッカマン

2016/02/01

考えさせられる名作

宮部みゆきファンと云いながら、なかなかこの作品を手に取る事が出来なかった私…。要約読む事が出来てホント良かったなって思います。 ローン地獄、多重債務、カード破産などの問題を話の軸として、それに苦しめられた二人の女性(加害者と被害者)の生きざまを追いながら事件を解決に導いて行...

宮部みゆきファンと云いながら、なかなかこの作品を手に取る事が出来なかった私…。要約読む事が出来てホント良かったなって思います。 ローン地獄、多重債務、カード破産などの問題を話の軸として、それに苦しめられた二人の女性(加害者と被害者)の生きざまを追いながら事件を解決に導いて行きます。 犯人は殺人者なので、確かに許されない罪びとではあるんですが、ある意味カード社会が生んだ被害者でもあって、正体が明かされるうちに哀しい気持ちになります。 あと犯人は最後の最後になるまで登場しません。ミステリアスな存在として描かれています。 さすが宮部みゆき!と思わせる作品です。

ミルク

2011/12/05

合いませんでした

社会問題をテーマに、という話につられて手に取ったのですが 肝心のその問題部分が掘り下げられていない感じ。 結局キャラに感情移入できず、先に展開してしまって いつのまにかなんとなく終わってしまいました。 宮部さんは、感情描写がどうも私に合わないみたいです。

ゆーなす

関連商品

最近チェックした商品