1,800円以上の注文で送料無料

修羅の刻(十三) 陸奥圓明流外伝 月刊マガジンKC
  • 中古
  • 店舗受取可
  • コミック
  • 講談社

修羅の刻(十三) 陸奥圓明流外伝 月刊マガジンKC

川原正敏(著者)

追加する に追加する

修羅の刻(十三) 陸奥圓明流外伝 月刊マガジンKC

定価 ¥492

330 定価より162円(32%)おトク

獲得ポイント3P

在庫わずか ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

7/27(土)~8/1(木)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2002/06/17
JAN 9784063338270

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

7/27(土)~8/1(木)

修羅の刻(十三)

¥330

在庫わずか
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3

1件のお客様レビュー

レビューを投稿

2008/03/31

この雑賀孫一(鈴木孫一)の話は、面白いし、本伝『修羅の門』への繋げ方もうまくできていて感心するんですが、史実をねじ曲げている点がちょっと…… マンガなので、事実がはっきりしない部分は想像で描いてしまって良いと思うんですが(そうしないと想像上のキャラクターである陸奥一族が活躍する『...

この雑賀孫一(鈴木孫一)の話は、面白いし、本伝『修羅の門』への繋げ方もうまくできていて感心するんですが、史実をねじ曲げている点がちょっと…… マンガなので、事実がはっきりしない部分は想像で描いてしまって良いと思うんですが(そうしないと想像上のキャラクターである陸奥一族が活躍する『修羅の刻』という物語じたいが成立しないので)、事実が明確に分かっている部分に関して、事実と異なる叙述をするのは如何なものかと。しかも史実ぽく描いてしまうのはまずいような。 まず孫一は、少なくともあの時点では死んでいないし、殺されてもいない。それどころか孫一は、天正8年の本願寺顕如の石山退去以後は、信長方についています。天正13年の秀吉の紀州攻めの際にも秀吉についています。このマンガだけ読むと、「孫一は信長と徹底的に戦い、信長によって殺された」と誤解してしまいます。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品