1,800円以上の注文で送料無料

呪術廻戦(10) の商品レビュー

4

24件のお客様レビュー

  1. 5つ

    7

  2. 4つ

    7

  3. 3つ

    5

  4. 2つ

    0

  5. 1つ

    1

レビューを投稿

2024/02/22

25冊目『呪術廻戦 10』(芥見下々 著、2020年3月、集英社) 「宵祭り」編が完結。「渋谷事変」編がスタート。 いやそれエヴァンゲリオン…。 渋谷のハロウィンで馬鹿騒ぎする輩への憎悪が溢れている。あと、参考文献から『HUNTER×HUNTER』が抜けてますよ? 術式の説明が載...

25冊目『呪術廻戦 10』(芥見下々 著、2020年3月、集英社) 「宵祭り」編が完結。「渋谷事変」編がスタート。 いやそれエヴァンゲリオン…。 渋谷のハロウィンで馬鹿騒ぎする輩への憎悪が溢れている。あと、参考文献から『HUNTER×HUNTER』が抜けてますよ? 術式の説明が載っているが、正直何言ってるのかさっぱりわからない。これを理解出来ている読者っているのか? 〈いつか 会いに行くからね〉

Posted byブクログ

2023/09/26

蝗害 異様な咀嚼音は昼夜問わず響き渡り 飛蝗は地中に産卵する_その為腹部は伸縮し_先端が硬く通常時の3倍近く伸ばすことができる 孤独なバッタが群れるとき/前野ウルド浩太郎 羆嵐/吉村昭 街に帳が降り「渋谷事変」が始まる

Posted byブクログ

2022/05/04

絵はあまりうまくならない作者さんですが、物語の熱量で読ませるよね。絵はキレイだけど物語がなさすぎる漫画よりはいいと思います。

Posted byブクログ

2022/02/27
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

メカ丸がやられて残念。 いずれ京都校のみんなに会える描写があれば良いなと思った。 渋谷事変が始まったが、五条悟と特級術師たちの先頭が圧巻で面白い。虎杖悠仁と蝗GUYの戦闘も虎杖の成長が表れてて良かった。

Posted byブクログ

2022/02/01
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

京都校は比較的仲悪いっていうか絆が薄いかと思ってたけど、メカ丸は「みんなに会いたい」が1番の願いで、ひとつひとつの攻撃も年単位の努力の成果を一打に込める思い切りの良いもので、なんとも… こんな魅力爆発させて死ぬなよ…メカ丸のバカ…… メカ丸が大きいメカ丸に呼びかけて攻撃する場面は「俺自身はメカ丸ではない」っていう認識が伝わってきて痺れるものがあったな。 もしかしたら自由に動かせる体を得てから変わったんじゃなくて、メカ丸はずっと自分とメカ丸は別々の者と認識して生きていたのかも。当たり前かもだけど目から鱗だった、本人としてはそりゃそうか。 渋谷事変は、どこも実際に行ったこと歩いたことがある場所で、現実世界で陰惨な事件が起きているような、物語として切り離せないような恐怖を感じる。 「渋谷のハロウィンはどうしようもないバカが集まる」というような夏油的感覚を私自身持ってしまっている部分があるが、人がゴミの様に簡単に大量虐殺されていくのを目の当たりにすると冗談でも「コロナ禍で渋谷ハロウィン行く奴しね」とか言えないし、なんかもう命の価値とかいろんな概念がめちゃくちゃになりそう!トラウマ的。 とにかく、五条先生、がんばって!!!!泣

Posted byブクログ

2021/12/22

品切れが多く、新刊から読んでいます。メカ丸、与が出てきます。京都のみんなを想う気持ちが切ないです。冥冥の弟の憂憂が姉想いすぎて可愛いです。

Posted byブクログ

2021/12/13
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

メカ丸が京都校の生徒たちのことを大切に思っているのがよく分かったからこそ、哀しい結末。渋谷事変が始まりましたが、リアルタイムで読んでいた時に私はここら辺から五条は夏油(羂索)が生きていると知っているか否かが気になりだしました(読み返すと、次巻の展開のためにこのページをいれたのかってな感じなところがある)。

Posted byブクログ

2021/09/23
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

京都校の内通者はメカ丸だったのかー。 与(わた)は包帯もとれてすっかりスマートな青年になったけど、真人と夏油コンビは相手が悪いよな…。 読んでいてなかなか勝ち目なさそうだな…という予感がしてしまってた。 ただ「シン・陰流」の「簡易領域」という概念を紹介してくれたことに、話としては意味がある感じでしょうか。 メカ丸が無念だった後は、渋谷を舞台にした一大決戦(ぽい)。 そしたら急にバッタの蝗害を元にした霊と、前野ウルド浩太郎さんの著書が出てきてびっくり。 これも夏油の闇落ちが仙水に似てると思った直後なだけに、この急な昆虫キャラも幽遊白書のキメラアントを思い起こさずにはいられない。

Posted byブクログ

2021/09/19

ヒロイン要素の乏しい漫画であったが、『呪術廻戦 10』の三輪がヒロインぽくなった。初登場時と姉妹校交流戦ではボケキャラとカッコよさが同居していた。ヒロインぽさを出したことはプラスかマイナスか。

Posted byブクログ

2021/08/13

大抵、ヒールってヒーローを侮りがちなので、ここまで用意周到にヒーローを追い込もうとするというのは珍しい気がする。

Posted byブクログ