1,800円以上の注文で送料無料

燃えよ剣(下) の商品レビュー

4.4

548件のお客様レビュー

  1. 5つ

    295

  2. 4つ

    145

  3. 3つ

    67

  4. 2つ

    7

  5. 1つ

    0

レビューを投稿

2009/10/04

下巻。 上巻よりも好き。 新撰組の土方歳三という人物の最後の最後まで、すばらしい文体で書かれています。 感動。です。

Posted byブクログ

2011/10/08

下巻はどんどん、新選組が破滅に向っていくのが読んでいて切ないなぁ、と あと上巻よりも土方がかわいらしく見えますね(笑)

Posted byブクログ

2012/12/04

上巻の続き。 黒田さんが出てきた時は驚いた。 倒幕側まであっさり出しちゃうあたりが司馬作品らしい。

Posted byブクログ

2009/10/04

ちなみにブルース・リーの映画「燃えよ!ドラゴン」の燃えよ!はこの小説の燃えよから取ったもの。ちょうどこの小説が流行ってて映画配給会社の人がもらったらしい。

Posted byブクログ

2009/10/04

幕末、維新がなった後の新撰組のその後を描く、不本意ながら朝敵となってしまった新撰組、近藤、沖田の死後も獅子奮迅の活躍をする土方が北の五稜郭で最後を遂げるまでを描く。 土方の凄まじい新年と生き方に感嘆せずにはいられない、間違いなく時代に選ばれた傑物、壮絶な生き様を体感できる気がする...

幕末、維新がなった後の新撰組のその後を描く、不本意ながら朝敵となってしまった新撰組、近藤、沖田の死後も獅子奮迅の活躍をする土方が北の五稜郭で最後を遂げるまでを描く。 土方の凄まじい新年と生き方に感嘆せずにはいられない、間違いなく時代に選ばれた傑物、壮絶な生き様を体感できる気がする傑作

Posted byブクログ

2009/10/04

後半は近代化された戦力。刀の時代の終焉。かっこいい、かっこよすぎだよ土方歳三。 でも一番好きだったのは沖田

Posted byブクログ

2009/10/04

土方さんがラストにいけばいくほどかっこいい。 沖田さんもかっこいい。近藤さんももうちょいかっこよくかいてくれればいいのに… 2006.10.3読了

Posted byブクログ

2009/10/04

「こんのやろ〜新撰組めぇ〜」 と思いながら複雑な愛憎模様で読み進めるうちに、 いつの間にやらはまってました。 土方、かっこよくないよ…

Posted byブクログ

2009/10/04

ややこしい時代を、さらにややこしくした団体、新撰組。 敵に会ったら、数的優位を保ち、突いて突いて突く。 神道無念流だったかな? 合理的な対人戦術には唸らされます。 「自らを美しくする為に生きる」・・・病床の沖田と土方との会話での、土方のセリフ。 おお・・・、言ってみてえ。

Posted byブクログ

2009/10/04

新時代の夜明けと、刹那の時を駆け抜けた蒼き孤高の狼たちの末路。 土方歳三ファン必読の新撰組バイブル、下巻。

Posted byブクログ