1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • 書籍
  • 書籍

外事警察秘録

北村滋(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥1,760

獲得ポイント16P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 文藝春秋
発売年月日 2023/12/06
JAN 9784163917887

外事警察秘録

¥1,760

商品レビュー

3.8

7件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/03/16

日本の外事警察、インテリジェンスの代表的人物とも言える北村氏が記したリアリティのある記録書。 昭和後期以降の日本のインテリジェンスのメインストリームを捉えることができる。 日本の外事警察は国家の関心事項や治安・安全保障のリスクを捉えて活動している。 日本のインテリジェンスを事実...

日本の外事警察、インテリジェンスの代表的人物とも言える北村氏が記したリアリティのある記録書。 昭和後期以降の日本のインテリジェンスのメインストリームを捉えることができる。 日本の外事警察は国家の関心事項や治安・安全保障のリスクを捉えて活動している。 日本のインテリジェンスを事実上取り仕切っているのは警察と言っても過言ではないだろう。 対外的なインテリジェンス機関等との接点にもなる。 国内のスパイ活動も良く監視、検挙できているようにも思う。 海外との関係がある国内所在の団体へのアクションも適切と思われる。 北村氏の功績としては、第二次安倍政権で内閣情報官として特定秘密保護法の制定への貢献もある。 しかしながら、 シンプルな感想レベルだが、 この書籍をベースにすると、 日本のインテリジェンスコミュニティの連携はとても高度とは言えない、 外事警察の活動領域として国内の組織が対象になる、 情報収集の起点が海外機関からの情報提供やヒューミントに頼りやすい、 そして、日本の安全保障へのリスクとなる組織や国家に対する工作、監視といった能力は劣後している、 という印象を受けた。 実体はインテリジェンスコミュニティ各機関で各々能力を整備し、補完しているのだとは思うが、、 内閣のNSCの配下でインテリジェンスコミュニティがうまく連携して、 ヒューミント、イミント、シギント、オシント、その他情報を収集分析し、政策決定者に伝達し、 味方の保全も守りながら、 国内外のアクターを監視、工作するような絵姿には遠いのだと思う。 北村氏をはじめとした数々のインテリジェンスオフィサーが築き上げた土台から、さらに日本のインテリジェンスが成長していくことを期待したい。

Posted by ブクログ

2024/03/04

2024.3.1 著者の信念と熱い思いが伝わってきます。一つ一つのエピソードに外事警察の凄みを感じました。外事警察が担ってきた大量破壊兵器関連の捜査と立証の困難さを痛感しましたが、一方で、大川原化工機事件のような冤罪は外事警察の体質から必然的に生じたものだと感じました。

Posted by ブクログ

2024/02/27

実際に起きた事件の裏側がわかる内容だったので面白かったが、秘録というほどのものではなかったかも? 少し期待外れでした。 最後の安倍さんとのエピソードは、安倍さんの人柄がよくわかり、感動的でした。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品