1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • KADOKAWA

ダンジョン飯(11) ハルタC

九井諒子(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥792

獲得ポイント7P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 KADOKAWA
発売年月日 2021/09/15
JAN 9784047366220

ダンジョン飯(11)

¥792

商品レビュー

4.5

25件のお客様レビュー

レビューを投稿

2024/03/22

ライオス……複数のドラゴン相手によく勝てたな…… ダンジョン飯に限らず、絶望的な状況を知恵と勇気で乗り切る展開には、やはりグッとくるものがある。 依然として緊張の糸はほぐれないが、物語としては一応の区切りがついたって感じ。 マルシルが新たな迷宮の主になったけど、ミスルン隊長のよう...

ライオス……複数のドラゴン相手によく勝てたな…… ダンジョン飯に限らず、絶望的な状況を知恵と勇気で乗り切る展開には、やはりグッとくるものがある。 依然として緊張の糸はほぐれないが、物語としては一応の区切りがついたって感じ。 マルシルが新たな迷宮の主になったけど、ミスルン隊長のようにならないかがただただ心配……。

Posted by ブクログ

2023/12/24
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

作者のコミカルな描写に救われることが多々ある。シスルの欲望を喰われる場面は、おそろしく官能的でとんでもなく絶望を感じた。シスルの過去を知っているから、真面目で頑張り屋さんで優しいマルシルが主になったのは必然だったのかもしれないと哀しくなった。最後のカブルーの必死さには胸を打たれた。登場人物達の想いを思うと感情がぐちゃぐちゃになって今夜は眠れない。

Posted by ブクログ

2023/12/19

たかもちげん『祝福王』で感情食べるなんぞ出てたけど、ここではアレを喰ふものが。 作者の、主人公の側と正義の味方の関係が、うーん。パターンで、かういふ「うぜー正義の味方vs他」へ金払ってるんだけどうーん。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品