1,800円以上の注文で送料無料

古見さんは、コミュ症です。(Volume13) サンデーC
  • 新品
  • コミック
  • 小学館

古見さんは、コミュ症です。(Volume13) サンデーC

オダトモヒト(著者)

追加する に追加する

古見さんは、コミュ症です。(Volume13) サンデーC

550

獲得ポイント5P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 小学館
発売年月日 2019/06/18
JAN 9784091291660

古見さんは、コミュ症です。(Volume13)

¥550

商品レビュー

4

7件のお客様レビュー

レビューを投稿

2023/07/28
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

自分は引越ししたことが無いので色々な所へ行ける零ちゃんが羨ましいと思ったけど、敢えて嫌われるようにしたり友達といつかは離れ離れになるくらいなら仲良くならなければいいっていう思いを古見さんに吐くシーンで自分も「傷つくくらいなら、傷つけるくらいなら、1人で居る方が良い」って思うこともあるから共感した。

Posted by ブクログ

2022/01/18

澪ちゃん回+片井くんの家回メイン つっけんどんだった澪ちゃんも古見さんと打ち解けてどんどん魅力的なキャラクターに。 大人っぽく見えて、ちゃんと子供なんだなあっていう面がしっかり描かれていてより良いキャラクターに。 澪ちゃん視点だけど、笑介くんの色んな面が観れるのも貴重。 最後の...

澪ちゃん回+片井くんの家回メイン つっけんどんだった澪ちゃんも古見さんと打ち解けてどんどん魅力的なキャラクターに。 大人っぽく見えて、ちゃんと子供なんだなあっていう面がしっかり描かれていてより良いキャラクターに。 澪ちゃん視点だけど、笑介くんの色んな面が観れるのも貴重。 最後の涙するシーンに感動。特に古見さんの前では泣かずに、別れてから泣く澪ちゃんの想いに胸が締め付けられそうでした。 片井くん家での肝試しは定番のトキメキイベント。 阿瀬さん・成瀬くんが気になりつつも、万場木さん・只野くんの距離が急接近。 ここからどんどん物語が進んでいくんだなとしみじみ。

Posted by ブクログ

2020/06/06

小学2年生の女の子・澪ちゃんとの交流の続き。元々の『古見さんは、コミュ症です。』はコミュ症の古見さんに対して、コミュ力の高い、なじみのような存在が関わることで物語が成り立っていた。古見さんがコミュニケーションが大変な人と交流する話が増えてきた。普通の人でもコミュニケーションするこ...

小学2年生の女の子・澪ちゃんとの交流の続き。元々の『古見さんは、コミュ症です。』はコミュ症の古見さんに対して、コミュ力の高い、なじみのような存在が関わることで物語が成り立っていた。古見さんがコミュニケーションが大変な人と交流する話が増えてきた。普通の人でもコミュニケーションすることが大変そうなのに、それを古見さんがしなければならないことは見ているだけでも辛くなる。しかし、古見さんだから交流になったという面がある。コミュ力はないよりもあった方が上というものではないと理解できる。 只野仁人と瞳は目が大きいところが似ている。兄弟姉妹だけある。しかし、印象はかなり異なる。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品