1,800円以上の注文で送料無料

デビルズライン(11) モーニングKC
  • 新品
  • コミック
  • 講談社

デビルズライン(11) モーニングKC

花田陵(著者)

追加する に追加する

デビルズライン(11) モーニングKC

¥649

獲得ポイント5P

在庫なし

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2018/03/23
JAN 9784065108079

デビルズライン(11)

¥649

商品レビュー

5

4件のお客様レビュー

レビューを投稿

2022/08/27
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

登場人物の外見や環境が大きく変化して当たり前だけど時間の流れを感じました。状況は悪化していく一方だけれど、、、。それでもみんな考えに考えて行動しているからこそ生じる軋轢などを表情から読み取れて、本当に面白いです!

Posted by ブクログ

2019/03/30
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

安斎さんとつかさの性交渉トレーニング続き。わりとしっかりページとってやってたけど、いやらしさあんまり感じない不思議。安斎さんは終始色っぽかった。いいね。息子に会えず、遠くから見ることだけ許された環が切なくて。キューちゃん久しぶりに出てきたと思ったら凄まじいイケメン化しててビックリした。牧村さんとイレブンはどうなるかな。イレブンどうしても受け入れられない私としては恋ではなく兄妹愛で終わって欲しいと思っちゃう。白勢政務官のつかさに対する言動が何を意図してのものなのか不安ばっかりだけど、要は広告塔にしたかったってことなの?ハンスを広告塔にしたからもうつかさはいいのかな。これからどう関わっていくのか気になるところ。ハンスもこれからどうなるのかな。つかさと安斎さんのところに戻ってきて欲しいけどな。逃亡した牛尾もどうなるのか。沢崎さんとジルは。気になることだらけ。こんなに引き込まれる漫画はそうそうないと思う。面白い。

Posted by ブクログ

2018/06/07

この巻までまとめ買い&まとめ読み。 ここ最近はバトルが少ないせいか、愛の形の模索がテーマになるシーンが多いように思う。しかもマイノリティ。愛しているけれどしたくない。愛せないけれどしたい。愛しているからしたいというのが「普通」だと思うが、そのパターンにはまるのが、人と鬼と...

この巻までまとめ買い&まとめ読み。 ここ最近はバトルが少ないせいか、愛の形の模索がテーマになるシーンが多いように思う。しかもマイノリティ。愛しているけれどしたくない。愛せないけれどしたい。愛しているからしたいというのが「普通」だと思うが、そのパターンにはまるのが、人と鬼というイレギュラーな主人公カップルだけというのも。作者の意図が感じられる所ではある。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品