1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • 書籍
  • 書籍

開戦前夜 ゴーマニズム宣言RISING

小林よしのり【著】

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥1,540

獲得ポイント14P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 幻冬舎
発売年月日 2013/04/25
JAN 9784344023680

開戦前夜

¥1,540

商品レビュー

3.6

11件のお客様レビュー

レビューを投稿

2022/11/01

ほぼ10年前の本だけど、今になって氏の安倍総理評価がわかる。亡くなった人にムチは打てないけど、本当に保守だったのか、評価できる時期だし、漫画も含めてるからすごくわかりやすい(やや主張に基づいた見方による描写だけど)

Posted by ブクログ

2017/09/23

「人は信じたい情報しか信じない」で戦後ブラジルを例に挙げるのはどうかな?これは洗脳でしょ。わかって書いているとしか思えませんが・・・

Posted by ブクログ

2015/01/19

この本のテーマである、尖閣・反原発・反アベノミクス・慰安婦問題・女系天皇・・・これらについては、著者の考えに多くの同調を感じる。まぁそれはどうでもよい。この本で最も面白いのはブラジル日系人「勝組」の話だ。ブラジル日系人の8~9割が、第二次大戦で日本が勝ったと信じる「勝組」であった...

この本のテーマである、尖閣・反原発・反アベノミクス・慰安婦問題・女系天皇・・・これらについては、著者の考えに多くの同調を感じる。まぁそれはどうでもよい。この本で最も面白いのはブラジル日系人「勝組」の話だ。ブラジル日系人の8~9割が、第二次大戦で日本が勝ったと信じる「勝組」であった。しかも戦後20年以上経っても、それを信じていた人たちも多かった。全く信じられないことであるが、今でもエセ情報に踊らされている我々を顧みれば納得も出来る。著者はあとがきでこう記す。日本の自称保守が左翼に過ぎないことを何時になったら気付くのであろうか。富裕層のみが恩恵を受けるバブルに浮かれる国民になるべく早く天誅が下ることを、わしは期待している。破滅の中からしか希望は生まれない。イラク戦争の大儀の不在・反小泉改革・脱原発・反TPP・反アベノミクスを訴えてきたが、すべてダメだった。(全て日本国民の少数意見だ)ついに失望に慣れてしまった、と。私も来週末の参院選に何の希望も持っていない。未来は無いのだろうか。しかし最後のこの言葉に救われた。「わしは益々意欲的である。」

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品