1,800円以上の注文で送料無料

  • 新品
  • コミック
  • スクウェア・エニックス

黒執事(ⅩⅢ(13)) GファンタジーC

枢やな(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

¥730

獲得ポイント6P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 スクウェア・エニックス
発売年月日 2011/12/27
JAN 9784757534605

黒執事(ⅩⅢ(13))

¥730

商品レビュー

4.2

49件のお客様レビュー

レビューを投稿

2019/08/12

ゾンビ回。ミッドフォード家カッコいい。お母さま... あと葬儀屋ーーー!!かっこよすぎる!! セバスチャンのシネマティックレコード、興味深かった。 悪魔にレコードが存在するんですね。悪魔って生も死もない存在では?契約を交わして肉体を得ているから、その間だけの生の記憶ってことかな?...

ゾンビ回。ミッドフォード家カッコいい。お母さま... あと葬儀屋ーーー!!かっこよすぎる!! セバスチャンのシネマティックレコード、興味深かった。 悪魔にレコードが存在するんですね。悪魔って生も死もない存在では?契約を交わして肉体を得ているから、その間だけの生の記憶ってことかな? 死神たちのデスサイズがユニークすぎて好き。芝刈り機....効率は良さそうだけどダサい。

Posted by ブクログ

2019/02/11

再読。子爵は天然アホの子面白美しい。顔はいいんだよなあ…顔は。ストレートにセバ様の怒りを買うような人物は、使用人たち以外には珍しいだろう。全員が一度ずつ同じことを思い、最後に結論が一致するお約束はわかっていても面白い。 ついにアンダーテイカーが正体を現す。ネタにも真面目にも大幅に...

再読。子爵は天然アホの子面白美しい。顔はいいんだよなあ…顔は。ストレートにセバ様の怒りを買うような人物は、使用人たち以外には珍しいだろう。全員が一度ずつ同じことを思い、最後に結論が一致するお約束はわかっていても面白い。 ついにアンダーテイカーが正体を現す。ネタにも真面目にも大幅に触れるのが黒執事に登場する主要キャラの面白い点ではあるけれど、この人は特にそうなのでずるい。 終盤からはアンダーテイカーと共に、セバスチャンとシエルの出会いから今までを振り返る。次巻も楽しみ。

Posted by ブクログ

2018/10/12

暴かれた葬儀屋の本性。セバスチャンの走馬灯が、シエルとの契約に始まる過去を明らかにしていく。少し可愛くて切ない。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品