1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 書籍
  • 文庫

富と幸せを生む知恵 ドラッカーも心酔した名実業家の信条「青淵百話」 実業之日本社文庫

渋沢栄一(著者)

定価 ¥652

¥220 定価より432円(66%)おトク

獲得ポイント2P

残り1点 ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 実業之日本社
発売年月日 2018/11/27
JAN 9784408554570

富と幸せを生む知恵

¥220

残り1点
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

5

1件のお客様レビュー

レビューを投稿

2021/03/24
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

日本の近代資本主義の父と称される渋沢栄一の代表作である、青淵百話を現代語訳・抜粋したもの。日頃の心構えから仕事術、読書方法まで、渋沢の金言が詰まっている。 印象に残ったエピソードを2つ。 ①道理を通す  冨貴卑賤を問わず、生活・仕事において道理を通すのが重要。渋沢の愛読する論語においても金持ちが悪いのではなく、金持ちにありがちな奢りが良くないと説いている。立場によらず常に世の中のためになるような行動をする必要がある。 ②順境・逆境について  順境・逆境は「人為的」「自然的」の2つに分けることができる。人為的については、自分の努力量に応じた状況となっているだけであり、必然である。一方自然的は不可抗力であり、覚悟を決める必要がある。逆境で苦しいときも、人為的か自然的かを見分け、人為的であれば努力不足のため勉強し直す。自然的であれば、悩んでもしょうがない。道理を尽くすのみ。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品