1,800円以上の注文で送料無料

  • 中古
  • 店舗受取可
  • コミック
  • 講談社

デビルズライン(5) モーニングKC

花田陵(著者)

お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する お気に入りに追加 お気に入り 追加 追加する に追加 に追加する

定価 ¥607

¥110 定価より497円(81%)おトク

獲得ポイント1P

在庫あり

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

5/23(木)~5/28(火)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 講談社
発売年月日 2015/06/23
JAN 9784063884708

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

5/23(木)~5/28(火)

デビルズライン(5)

¥110

商品レビュー

4.8

5件のお客様レビュー

レビューを投稿

2022/03/14
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

沢崎さんの過去が辛いなあ、、、何が鬼を鬼たらしめるのかって問いの答えは見つかるのだろうかと考えこんでしまいます、、、安斎さんやつかさもそうだけど、沢崎さんはたっぷり寝てほしい休息を、、、、!!!!最後の沢崎さんの笑顔が救いです笑

Posted by ブクログ

2019/03/27
  • ネタバレ

※このレビューにはネタバレを含みます

安斎さんの母親が出てきて安斎さん自覚ないものの接触したり、父親やっぱり生きてたり、ハンスの過去や安斎さんの母親とのオンロでの関わりや、5年前に沢崎さんが追っていた鬼との関わりを考えるきっかけになった事件や、F班の新しい怪しい班長(敵っぽい)やらどんどん展開していて注目すべきところはたくさんある。でもなんと言われようとこの巻で安斎さんとつかさの吸血欲トレーニングに勝るポイントはないと思う。なんだろう。実際は大したことできてないわけだけど、興奮がこっちにまで伝わってきそうなそんな展開だった。安斎さん可愛すぎてやばいな。

Posted by ブクログ

2018/06/05

吸血欲トレーニングのシーンは少しアダルティでドキドキする。だからこそ、その後一人で自分を静めようとする時の安斎の煩悶が切ない。 後半には沢崎の捜査一課時代の話。仲間の鬼捜査員を守ろうとする沢崎の原動力となっているのだろう。本当に上司にしたいキャラ。彼も救われてほしい。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品