• 中古
  • 店舗受取可
  • 書籍
  • 文庫

俺と彼女の青春論争 角川スニーカー文庫

喜多見かなた(著者), ぶーた

定価 ¥660

¥220 定価より440円(66%)おトク

獲得ポイント2P

在庫わずか ご注文はお早めに

発送時期 1~5日以内に発送

店舗受取サービス対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!

店舗到着予定

3/3(日)~3/8(金)

商品詳細

内容紹介
販売会社/発売会社 KADOKAWA
発売年月日 2014/02/28
JAN 9784041012437

店舗受取サービス
対応商品

店舗受取なら1点でも送料無料!
さらにお買い物で使えるポイントがたまる

店舗到着予定

3/3(日)~3/8(金)

俺と彼女の青春論争

¥220

在庫わずか
ご注文はお早めに

カートに追加するカートにいれる

商品レビュー

3.3

4件のお客様レビュー

レビューを投稿

2022/11/17

1冊のみ。壮絶な過去を乗り越えて今を全力で活きてバッテリー切れしちゃうヒロインの向原玲が大好き。あと博多弁娘よかばい。 続編あったらうれしかった。玲が元気になって欲しい。

Posted by ブクログ

2018/10/25

題名からディベートとか『オカルトロジック』のような 痛さが快感の青年の主張な題材かと思いきや ガガガ文庫『やはり俺の(略)』式 作者はまじめに良いもの書こうとしているのだろうが 「ぼくの思いついた最高娯楽作品」提供するより 「ライトノベル新人賞」課題で合格点にとらわれ 通りいっぺ...

題名からディベートとか『オカルトロジック』のような 痛さが快感の青年の主張な題材かと思いきや ガガガ文庫『やはり俺の(略)』式 作者はまじめに良いもの書こうとしているのだろうが 「ぼくの思いついた最高娯楽作品」提供するより 「ライトノベル新人賞」課題で合格点にとらわれ 通りいっぺんすぎ 描きたいものと読んでほしいものを釣り合わせて娯楽商品 とはいえ『やはり俺の(ry)』と差は少なくないが 埋めようあるうちだとも思う

Posted by ブクログ

2015/06/09

人生を脱落した、という少年と 人生全力疾走する少女の話。 結局、人間心はそれほど死んでいませんよ? 熱くなっている人間を見て、うっとおしいとか ありえないとか思いつつ、憧れている、みたいな。 まぁ好きなように叫んでくれ、と思う者も 中にはいると思うのですが、ここにはいない模様。...

人生を脱落した、という少年と 人生全力疾走する少女の話。 結局、人間心はそれほど死んでいませんよ? 熱くなっている人間を見て、うっとおしいとか ありえないとか思いつつ、憧れている、みたいな。 まぁ好きなように叫んでくれ、と思う者も 中にはいると思うのですが、ここにはいない模様。 というか…何でしょう? 非常に青春チックに語られています。 そして雨降って地固まる、みたいになってます。 こんな風に、そううまくいくのか…と 穿った考えで見てしまってすみません。 ただ、現実にいたら眺めるだけでいい人種です。

Posted by ブクログ

関連商品

最近チェックした商品